アーティクル - CS280342

Windchill PDMLink 11.1+ へのアップグレード中にソースとターゲットの LDAP 構造をマージする方法

修正日: 16-Aug-2022   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill PDMLink 11.1 to 12.1

説明

  • Windchill 11.1 Upgrade Guide の「Windchill Directory Server からのターゲット LDAP 構造のエクスポート」セクションは、少し混乱する可能性があります。
  • Windchill Directory Server バージョン 3.0 でソースとターゲットの LDAP ブランチをマージする方法を教えてください。
  • このセクションの Windows と UNIX の例は正しくありません
  • PTC がインポート コマンドから追加機能を削除し、この新しい方法を必要としたのはなぜですか?
  • ソースldifを単独でインポートしたためにターゲットブランチが上書きされた場合、元に戻す方法は?
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs280342