アーティクル - CS252032

LoadProToolkitDll () を使用してタスクベースの Toolkit DLL をロードし、ExecuteFunction () を使用してエクスポートされた関数を実行する VB API の例コードを Creo します。

修正日: 15-Nov-2019   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Creo Parametric 1.0 to 8.0
  • Pro/ENGINEER and Creo Elements/Pro Wildfire 4.0 to Wildfire 5.0

説明

  • Creo VB API のサンプルコードを使用して、タスクベースの Toolkit DLL をロードします。 を LoadProToolkitDll() 使用してエクスポートされた関数を実行します。
    ExecuteFunction()
  • Toolkit API に対応する VB API とは ProModeCurrentGet() ?
  • Creo VB API を使用して現在の Creo の操作モードを取得できますか?例: 部品/ASM/DRW/スケッチャー/製造/板金/NC 板金/モールド/プロセスなど
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs252032