アーティクル - CS236395

Windchill 11.0クリティカルパッチセット(CPS)で認定されたCreo View、Creo Illustrate、およびCreoViewアダプターのバージョン

修正日: 08-Aug-2021   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Creo Illustrate 3.1 to 7.1
  • Windchill PDMLink 11.0
  • Windchill ProjectLink 11.0
  • Pro/INTRALINK 8.x + 11.0
  • Windchill PDM Essentials 11.0
  • PTC Arbortext Content Manager 11.0
  • Creo View 3.1 to 7.1
  • Creo View Adapters 3.1 to 7.1
  • Visualization Services (WVS)

説明

  • この記事の目的は、クリティカル・パッチセット(CPS)の一部としてのWindchill 11.0 datecodes認定されたクレオビュークレオ示しておりクレオビュー・アダプタのリリースを文書化することです リリース
    • 関連するWindchillCPS認定の記事:
CS324099 Windchill 12.0CPS情報
CS304545 Windchill 11.2CPS情報
CS280741 Windchill 11.1CPS情報
CS236297 Windchill 10.2CPS情報
  • PTCは、製品リリースおよび日付コードごとに次のソフトウェアマトリックスを作成し、Windchillの「基本日付コード」の認定およびサポートされている製品の組み合わせの詳細を提供します(つまり、各CPSで認定された組み合わせを無視します)。
    • CreoViewクライアントとツールキットのソフトウェアマトリックス
    • CreoViewアダプタソフトウェアマトリックス
    • 認定済み」とは、広範囲にテストされ、最も信頼性の高い構成を提供する製品の組み合わせを意味します。
    • サポートされている」とは、完全にテストされていないが正しく機能することが期待される、認定された「ベースリリース」以降のリリースおよび日付コードを意味します。
    • 参照してくださいCS74838 -クレオビュー(クライアント)とのCreoビュー・アダプタソフトウェア行列と製品の互換性 
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs236395