アーティクル - CS216668

WindchillバージョンのEPMドキュメントを出力表示可能ファイルの名前に追加するAfterloaderフックメソッドの例

修正日: 07-Aug-2021   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill PDM Essentials 10.1 M030 to 11.1 M010
  • Creo View Adapters 4.0 F000 to 8.0
  • Windchill PDMLink 10.1 M010 to 12.0
  • Visualization Services (wvs)

説明

  • EDRLoaderが新しい表現を正常に作成した後、カスタムメソッドを呼び出して追加の作業を実行できます
    • たとえば、新しい表現にアドホック権限を設定します。詳細については、Windchillインストールのwvs.properties.xconfファイルにあるpublish.afterloadermethodプロパティの定義を参照してください。
  • この記事では、このフックのサンプルコードを提供します。これにより、WVS公開ルールを介して公開された追加ファイルの名前を変更して、ソースWindchillのバージョン番号を含めたり、コンテンツのコピーをローカルに保存したりできます。
  • システムにデプロイする前に、この実装について知っておくべき1つの重要な要素:
    • この記事は、追加のファイルのみの名前を変更することを目的としており、プライマリの表示可能なファイルの名前は変更しません。この命令の重要性を理解するには、 CS333616を参照してください。
  • このサンプルのカスタマイズにより、次のことが可能になります。次のオプションのいずれかを選択します
  • アフターローダーオプション1
    • AfterEDRloaderフックメソッドは、WVSが新しい表現の公開を完了した後、公開後のジョブとして開始されます
    • WVS発行ルールを介して発行された追加ファイルの名前を変更して、ソースWindchillのバージョン番号を含めます。出力ファイル名は、ソースCADファイル名+ Windchillバージョン番号になります。つまり、形式:<CADName> _ <IterationInfo> .extension(例:MYCADNAME_A.1.stp)
      • 例えば)
ユーザーが追加した画像
  1. EPMDocumentの添付ファイルとして出力閲覧可能なファイル(プライマリまたは表現dditionalファイルタイプのコピーを作成します。出力ファイル名は、ソースCADファイル名+ Windchillバージョン番号になります。つまり、形式:<CADName> _ <IterationInfo> .extension(例:MYCADNAME_A.1.stp)
    • 例)
      ユーザーが追加した画像

  2. オプションで、手順1で作成したEPMドキュメントの添付ファイルのコピーを、Windchillサーバーのローカルハードディスクまたはネットワークハードディスクの指定されたフォルダーにダウンロードします。
    • 例えば)
ユーザーが追加した画像
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs216668