アーティクル - CS203438

ネットワーク接続の問題により、Windchill WorkgroupManagerまたはCreoParametricがオフラインになります

修正日: 17-Sep-2019   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill PDMLink 10.2 to 11.2
  • Windchill ProjectLink 10.2 to 11.2
  • Windchill PDM Essentials 10.2 to 11.2
  • Pro/INTRALINK 8.x + 10.2 to 11.2
  • Pro/ENGINEER and Creo Elements/Pro Wildfire 4.0 to Wildfire 5.0
  • Creo Parametric 1.0 to 6.0
  • Windchill Workgroup Manager

説明

  • クライアントが Windchill サーバーと通信しようとしてオフラインになる
注意-サーバーに接続できません。
サーバーに接続されていないワークスペースの操作は制限されています。
保存されたファイルは、ワークスペースキャッシュと同期しなくなります。
サーバーが使用可能になったら、ワークスペースと同期していないオブジェクトを再度保存します。
ツール-同期化も可能ですが、切断中に保存したファイルは上書きされます。

Attention - Connection to server is unavailable!

この時点ではサーバーは使用できません
このフォルダのコンテンツは使用できません

Server is unavailable at this time
  • デバッグクライアントのログは、次のようなメッセージを報告します。
Uwgm. ログ:
Servercache: UwgmServerCache_i:: execute: Cip Exception: ' Binary serialization error: Unable to complete output to HTTP stream.'
ServerCache: UwgmServerCache_i:: signalTransactionError (エラー = ' バイナリシリアル化エラー: HTTP ストリームへの出力を完了できません。 '、接続 = 1、接続 = 1)
ServerCache: UwgmServerCache_i:: makeFirstServerConnection に失敗しました
ServerCache: UwgmServerCache_i:: makeFirstServerConnection: CIP Exception: SOAP Client Error: Failed to open SOAP RPC call response stream.
ServerCache: UwgmServerCache_i:: signalTransactionError (エラー = ' SOAP クライアントエラー: SOAP RPC 呼び出し応答ストリームを開くことができませんでした。接続 = 1、接続 = 0)

Applog.log ログまたは xtop .log:
BSC_LOG: OnStopBinding に失敗しました。結果 = 800c0005
BSC_LOG: [4f98cc0] [有効 = 1] [ code=599 ] onstopbinding END
  • クライアントネットワーク接続をワイヤレスからワイヤードへの接続に切り替えると Windows ネットワークルーティングに問題が生じ、クライアントマシンで Windchill サーバーの IP アドレスを解決できなくなります。
    • Workgroup Manager を起動し、http://< サーバー >/Windchill に接続し、サーバーを登録し、CAD アプリケーションでモデルを作成して保存します。
    • マシンをスリープ状態にします。
    • マシンをドッキング解除
    • Wifi ネットワークアダプタと接続を有効にする
    • マシンはスリープに入ります
    • マシンをウェイクアップ
    • Web ブラウザを開き、VPN 接続を介してネットワークにログインします。
    • 使用可能なワークスペースの iss の確認
    • マシンはスリープに入ります
    • マシンをドッキング
    • マシンをウェイクアップ
    • オフラインメッセージでワークスペースの再表示に失敗すると、クライアントマシンにほかのマシンへのルートがなく、DNS の検索が失敗します。
    最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs203438