アーティクル - CS177127

Integrity Lifecycle Manager / Windchill RV&Sでクローズまたは保留中の変更パッケージの問題をトラブルシューティングするときに必要な情報

修正日: 06-Mar-2022   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill RV&S (formerly Integrity Lifecycle Manager) 2007 to 13.0

説明

  • パッケージの変更を閉じることができない、または保留中のエントリを破棄できない場合の問題のトラブルシューティング
  • メンバーまたはサブプロジェクトで作業しようとしたときのエラー
    • MKS161633:変更パッケージ<cpid>で保留中のリビジョンであるため、リビジョンをロックできません。
    • MKS125568:このメンバーの保留中の操作がすでに変更パッケージ<cpid>に関連付けられているため、操作を続行できません
    • MKS125573:サブプロジェクト<subproject>に対して保留中の<type>操作があるため、操作を続行できません
    • 参照されている変更パッケージが閉じているか空です
    • MKS125567:ユーザー<userid>にこのメンバーで保留中の操作があるため、操作を続行できません
  • クローズされた変更パッケージを持つ保留中のメンバーまたはサブプロジェクト
  • 変更パッケージがコミットされたときに保留中のフラグが削除されない
  • 変更パッケージを閉じようとしたときのエラーメッセージ
  • 例えば:
    • MKS125577:パッケージ<cpid>の変更には保留中のエントリがあり、閉じることができません
    • MKS125529:メンバーが関与する最新の変更パッケージエントリが存在するため、この変更パッケージエントリは破棄できません。
    • MKS125211:プロジェクトファイル<プロジェクトファイルパス>が現在のサーバーに登録されていません
  • パッケージの変更には、保留中のエントリと
    • メンバー/サブプロジェクトが保留中でない、または
    • パッケージの変更クローズされているか、
    • パッケージの変更破棄されます
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/cs177127