アーティクル - CS216668

EPM ドキュメントの Windchill バージョンを出力表示可能ファイルの名前に追加する Afterloader フック メソッドの例

修正日: 18-Oct-2022   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Windchill PDM Essentials 10.1 M030 to 11.1 M010
  • Creo View Adapters 4.0 F000 to 8.0
  • Windchill PDMLink 10.1 M010 to 12.0
  • Visualization Services (wvs)

説明

  • EDRLoaderが新しい表現を正常に作成した後、カスタム メソッドを呼び出して追加の作業を実行できます。
    • たとえば、新しい表現にアドホック アクセス許可を設定します。詳細については、Windchill インストールのwvs.properties.xconfファイルのpublish.afterloadermethodプロパティ定義を参照してください。
  • この記事では、このフックのサンプル コードを提供します。このコードを使用すると、 WVS パブリッシュ ルールを介してパブリッシュされた追加ファイルの名前を変更して、ソースの Windchill バージョン番号を含めたり、コンテンツのコピーをローカルに保存したりできます。
  • システムにデプロイする前に、この実装について知っておくべき重要な要素の 1 つ:
    • この記事は、追加のファイルのみを名前変更することを目的としており、主要な表示可能ファイルの名前を変更することは目的としていません。この命令の重要性を理解するには、 CS333616参照してください。
  • このサンプル カスタマイズでは、次のことが可能になります。 次のオプションのいずれかを選択します。
  • アフターローダー オプション 1
    • AfterEDRloaderフック メソッドは、WVS が新しい表現の発行を完了した後、発行後のジョブとして開始します。
    • ソースの Windchill バージョン番号を含むように、WVS パブリッシュ ルールを介してパブリッシュされた追加ファイル名前を変更します。出力ファイル名は、ソースCAD ファイル名+ Windchill バージョン番号になります。つまり、形式: <CADName>_<IterationInfo>.extension (例: MYCADNAME_A.1.stp)
      • 例えば)
ユーザーが追加した画像
  • または Afterloader オプション 2 (このセクションは新しい記事CS348848に移動しました)
  1. EPMDocument の添付ファイルとして表示可能な出力ファイル (製品表現プライマリまたは追加のファイル タイプ) のコピーを作成します。出力ファイル名は、ソースCAD ファイル名+ Windchill バージョン番号になります。つまり、形式: <CADName>_<IterationInfo>.extension (例: MYCADNAME_A.1.stp)
    • 例)
      ユーザーが追加した画像

  2. 必要に応じて、手順 1 で作成した EPM ドキュメントの添付ファイルのコピーを、Windchill サーバーのローカルまたはネットワーク ハード ディスクの指定されたフォルダにダウンロードします。
    • 例えば)
​​​ ユーザーが追加した画像
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/CS216668