アーティクル - CS140107

Creo Parametric、Windchill Workgroup Manager、および Abortext Editor で Windchill CAD Interaction クライアントのデバッグ ログを有効にする方法

修正日: 28-Sep-2022   


注記:ここに記載されている情報は、お客様の利便性向上のため機械翻訳ソフトを使用しています。PTCは、ここに記載されている情報の翻訳の正確性について、一切の責任を負いませんので、ご了承ください。英語の原文を参照するには、こちら。この機械翻訳に関する詳細は、こちら。
お知らせいただき、ありがとうございます。この機械翻訳をレビューします。

適用対象

  • Creo Parametric 1.0 to 8.0
  • PTC Arbortext Editor 5.4 to 8.0
  • Windchill PDMLink 8.0 to 12.0
  • Windchill ProjectLink 8.0 to 12.0
  • Pro/INTRALINK 8.x + 8.0 to 12.0
  • Windchill PDM Essentials 8.0 to 12.0
  • PTC Arbortext Content Manager 8.0 to 12.0
  • Windchill Workgroup Manager

説明

  • Windchill Integration / Integration のデバッグ Workgroup Manager ログを有効にする方法
  • クライアント マシンでの Windchill インタラクションの機能とパフォーマンスの問題をトラブルシューティングする場合、および PTC テクニカル サポートから要求された場合は、追加のデバッグ ロギング (uwgm.log での追加のロギング、applog.log、bsc.log の作成など) を有効にします。クライアント環境
  • チェックインおよびチェックアウト速度のトラブルシューティングのためにどのロガーを有効にする必要があるか
  • オンデマンド システム スキャンのWindchill CAD Interaction サーバー ログを有効にする方法
  • 組み込みブラウザに関連する問題のトラブルシューティング方法は?
最新バージョンはこちらを参照ください https://www.ptc.com/ja/support/article/CS140107?&source=ProactiveSupportServicesFAQ