サービス管理ソフトウェア -
サービス ライフサイクル管理 (SLM)


サービス管理ソフトウェア -
サービス ライフサイクル管理 (SLM)

  • CAD
  • 1/31/2017

米国空軍、最適化されたサプライ チェーン戦略で高みを目指す

世界中の戦域の 1,500 の拠点に 5,000 機以上の航空機と 650,000 点のアイテムを保有する米国空軍のサプライ チェーンは、世界で最も複雑なサプライ チェーンの 1 つです。空軍サステナティブ センターの拠点に関する統合サプライ チェーン計画を実現するには、包括的で堅牢かつ機敏なソリューションが必要です。またそのソリューションは、厳格な DoD コンプライアンス環境に適合している必要があります。

PTC サービス パーツ管理 (SPM) の SaaS ソリューションの選択により、米国空軍はサプライ チェーン管理の効率を高めて、活動における在庫パフォーマンスを向上させることができます。機敏な統合部品計画プロセスでは、どの SPM 機能が重要となるでしょうか。

  • 需要計画: 独立した (スケジュール未設定) 需要予測と依存する (スケジュール済み) 需要予測を行います。これには、エキスパートによって選択された需要予測アルゴリズムと、飛行時間などの原因因子の適用が含まれます。
  • 在庫最適化: 特定の兵器システムの利用可能率を達成すると同時に、在庫投資を最小化し、財務的な制約に従います。準備状況に基づく節約 (RBS) の原理、航空機の稼動時間、補充率の最適化をその他のビジネス ルールとともに利用します。
  • 供給計画: この機能により、供給と分配のプランを作成し、修理、購買、(再) 分配のオーダーを現在または将来の需要と相互に関連付けることができます。分配計画では、兵器システムの利用可能率を高めたり、メンテナンス / 運用拠点での材料不足を事前対応的に管理したりすることができるように、資産を調整します。
  • 例外管理: エラー報告とイベント管理の堅牢な機能によって適切な情報をユーザーに提供し、需要計画、在庫最適化、供給計画のためのディスクリート プランナーの作業キュー内で、例外調整のための推奨事項を自動的に示します。
  • パフォーマンス管理: 根本原因分析と What-if 分析のためのアナリティクス、データ分類、メトリックス、レポート、ダッシュボードといった機能を提供します。

米国陸軍、米国沿岸警備隊、Boeing、Lockheed Martin、Northrup Grumman、Pratt & Whitney、Rockwell Collins などのほかの主要な航空宇宙および防衛組織とともに、米国海軍はその評判の高い後方支援インフラを近代化することができるでしょう。

業界をリードする A&D 組織の多くが PTC サービス パーツ管理ソリューションを選択している理由については、A&D のページをご覧ください。こちらのケース スタディで、大手航空機メーカーの Embraer 社が PTC のサービス パーツ管理ソリューションを使用して、どのように在庫回転率を 35 % 向上させたかお読みください。

Tags:
  • CAD

About the Author

General Howard Brent Baker

Major General H. Brent Baker, (Retired) VP Worldwide Federal Aerospace and Defense

In his role at PTC, Maj. Gen. H. Brent Baker Sr. (Retired) is responsible for strategic planning and business development in the worldwide FA&D market vertical with a specific focus on gaining first-to-market competitive advantage in the adoption of technology and smart, connected enterprise solutions.

General Baker was most recently Vice Commander, Air Force Materiel Command, Wright-Patterson Air Force Base, Ohio. The command employs some 80,000 people and manages $60 billion annually in research, development, test and evaluation, while providing the acquisition management services and logistics support required to develop, procure and sustain Air Force weapon systems.

He also directed policy and procedures affecting AFMC aircraft maintenance, munitions, supply, logistics plans, transportation and packaging methods, and logistics data systems. Finally, as the staff lead for logistics and life cycle sustainment issues, General Baker planned and coordinated product support and acquisition logistics for fielded and emerging Air Force weapon systems.

General Baker entered the Air Force in 1979 as an enlisted member and was commissioned in 1985 through Officer Training School after graduation from Southern Illinois University. He has had numerous assignments, such as the Director of Logistics, Headquarters Pacific Air Forces, Joint Base Pearl Harbor-Hickam; Chief, Materiel Management Flight, 8th Supply Squadron, Kunsan Air Base, South Korea, and headquarters staff positions, including Chief, Supply Policy and Procedures, Headquarters Air Combat Command, Langley AFB, Virginia. General Baker also served as a presidential fuels flight officer at Joint Base Andrews, Maryland, and as the Commander, 18th Mission Support Group, Kadena Air Base, Japan. He served both as the Vice Commander and Commander, 95th Air Base Wing, Edwards AFB, California, and as the Commander, Air Force Global Logistics Support Center at Scott AFB, Illinois, and Commander, Ogden Air Logistics Complex at Hill AFB, Utah.

In addition to achieving several educational distinctions in the military for strategic studies, anti-terrorism, and logistics technology, General Baker (ret) holds a Bachelor of Science degree in industrial technology from Southern Illinois University, Carbondale and a Master of Science degree in administration from Central Michigan University, Mount Pleasant.