サービス パーツ マネージャとは。MEO が必須である理由。


サービス パーツ マネージャとは。MEO が必須である理由。

執筆者: Vinod Arekar
  • 10/29/2017

航空機エンジンからプリンタまであらゆる装置の製造メーカーや OEM メーカーは、本来の販売額よりも、装置のライフタイムを通じた保守によってはるかに多くの収益が得られることを知っています。このため、アフターマーケットで成功を収めるには、サービス パーツの在庫最適化と管理が重要になります。サービス パーツの計画が不十分だと、在庫への多額の投資、カスタマー サービス レベルの低下、余剰と老朽化のコストの増加につながりかねません。在庫最適化の潜在能力をフルに実現するには、適切なビジネス目標に基づいて問題をモデル化し、特定のニーズに合わせて適応させる必要があります。念頭に置くべき事項がいくつかあります。

場所とパーツの構成を最適化する

  • どのようなパーツのグループまたは構成を組み合わせて在庫すると、全体としてのサービス目標を達成できるでしょうか。
  • 各パーツは同じ目標に合わせて在庫が維持されるわけではなく、またそうするべきではありません。
  • 同じ目標サービス レベルに合わせて各パーツの在庫を維持するのはコストが掛かりすぎます。
  • お使いのシステムでは、パーツの需要の変動性を考慮できますか。
  • 異なるパーツには異なるサービス レベルを設定するための方法論が必要です。

階層間のやり取りを考慮する

  • 親となる場所の在庫計画は子となる場所の在庫計画にどのように影響しますか。
  • 親となる場所の在庫レベルを、適切なビジネス目標に基づいて高くし、また特定のニーズに適応させた場合、子となる場所までのリードタイムが短縮されます。それにはど
  • うすればいいでしょうか。
  • お使いのシステムでは、親となる場所のサービス レベルの影響を考慮できますか。
  • 個々の場所のリードタイムの変動性はどの程度でしょうか。
  • SLA や PBL などの実際の目標について、情報量の豊富なモデリングが可能でしょうか。

パーツと場所のトレードオフ

どのパーツをどれだけ在庫に持つかを選択するプロセスでは、在庫最適化アルゴリズムにより、複数のパーツ間および複数の階層間のトレードオフを考慮します。ナット、ボルト、エンジンの間でトレードオフを検討する場合、システムはエンジンを高価なものと見なし、その在庫は少量または無しにすることを推奨するでしょう。ほとんどの場合、そのような解決策はビジネス上、許容されません。ビジネスに精通したアプローチでは、パーツのコストが一定幅に収まる複数のパーツ グループまたはセグメントをモデル化し、コストが類似しているパーツ間でトレードオフを考慮できます。

在庫最適化をビジネスにとって有効なものにするためには、ビジネスに応じて調整されたセグメントにパーツをグループ化することが重要です。グループ内のパーツは在庫に関して互いに競合するため、セグメント化スキームでは、トレードオフを許容可能であり、まとめての測定が可能なようにパーツをグループ化する必要があります。これは、ERP やスプレッドシートの能力を超えた高度な機能です。

たとえば、ある企業に X 線装置と MRI 装置の 2 つの製品ラインがある場合、2 つの製品ラインのパーツを 1 つのセグメントに組み合わせることは許容されません。X 線事業は MRI 事業とは別に、目標を達成する必要があるからです。業界によっては、セグメント化スキームは、パーツのタイプ、ソーシング、重要度、予算編成など多数の異なる要因に基づくものにできますが、その中心的な考えは、セグメント内のパーツには共通する計画目標が設定され、相互に競合する場合があるということです。

潜在能力を実現する

故障修理型のトランザクション ビジネスから、稼動時間と資産の利用可能率のユーザービリティ マトリックスへとサービス マトリックスが推移する中で、グローバルな製造オペレーションにおいてパーツと場所の相互依存性が重要になります。製造メーカーには、コンポーネントと資産に対してサービス パーツをどのように在庫するかを把握するための高度な機能と、コンポーネントがどのように連携して機能するのかの地域全体のビューが必要です。これは、場所を含め多数の要因に依存します。

資本設備は、適切なタイミングで適切な場所に適切なパーツがあることを前提としており、それには、サービス ネットワーク全体とその階層レベルでの総合的なビューが必要です。それに加えて、製造メーカーは、正確で収益性の高い在庫管理とビジネス上の意思決定を行うために、異なる場所での断続的な需要と、場所間の依存関係を明らかにする必要があります。業界リーダーは、多段階最適化を考慮しながら、どのようにグローバル サービス オペレーションを管理しているのでしょうか。こちらのケース スタディをお読みください。

Tags:

執筆者について

Vinod Arekar

Vinod Arekar is a service supply chain expert at PTC and as a Fellow he leads strategic initiatives overseeing several accounts to ensure success. Vinod’s strategic thinking and experience have helped bring the concept and application of Service Simulation to PTC. This and other innovations have helped propel Servigistics to be recognized as the industry leading service parts optimization solution. Vinod is a popular presenter at the annual LiveWorx event from sharing exciting success stories together with the clients with which he collaborates.