サービス管理ソフトウェア - サービス ライフサイクル管理 (SLM)


サービス管理ソフトウェア - サービス ライフサイクル管理 (SLM)

  • 2/10/2017

機体の実働時間を重視する手法でサービスを変える

伝統的に、サービスの効率性は航空業界が牽引してきました。使用できない航空機はコストを生み、利益を減らすものでしかありません。米国空軍 (USAF) は、High-Velocity Maintenance (HVM) という新しい整備方式を打ち出しました。この方式は、メンテナンス デポでのプロセスをスピードアップすることで、航空機の実働時間を大幅に伸ばせるという考えに基づいています。

HVM では、デポの生産性を最大化して航空機の整備時間を最小化するため、プロセスを効率化して待機時間を減らす取り組みを行っています。メンテナンス イベントに必要なすべてのリソースとプロセスの関係性を把握することで、この目標を達成しているのです。HVM は、USAF のワーナー ロビンズでの取り組みと関連付けられることが多いですが、複雑性の高いすべての航空機システムに応用できます。

世界規模で常に変動していく航空業界を見れば、メンテナンスや修理における複雑な問題の全体像を見渡すことができます。複雑な問題とは、現場とデポ、メンテナンス スケジュールと材料調達スケジュール、技術者、部品、情報、症状とソリューションなどの要素が組み合わさった問題です。

部品の補充など、機体の実働時間や収益性と直接的な関係性がなく、それを測ることもできない指標から脱却するためには、航空業界は運用時間や機体の実働時間を最大化できるように、サービスのサプライ チェーンに焦点を当て続ける必要があります。

それにはどうすればいいでしょうか。

  • ネットワーク全体で在庫を最適化するためには、ネットワーク全体を 1 つの総体として捉えなければなりません。
  • ネットワークの流動性と変動性を高くして、最も必要性が高く、使用される可能性が高い場所に材料が流れるようにする必要があります。
  • サービス部品が需要に追い付かない事態を防ぐために、入念にネットワークの構成を考え抜く必要があるのです。

こうした最適化を行うためには、航空機の製造メーカーや OEM は、自社のシステムやアセット、メンテナンス プラン、材料調達プランを同期化する必要があります。こうした同期化では、システムやコンフィギュレーションの数、アクティビティに関する指標、メンテナンス BOM、メンテナンス イベントの予測など、多数の要素が考慮されます。

作業中断や目標未達の原因として最も多いのは部品の在庫不足です。そのため OEM や民間 MRO 組織は、SLA の順守を主目的とする即納率や在庫率を重視する手法ではなく、機体の実働時間を重視して最適化されたグローバルな手法で、サービス部品を管理する必要があります。

プロセスを統合し、機体とメンテナンス、材料を結び付けるためには、サービス部品の在庫に関する意思決定を下す際に、こうした要素をすべて考慮に入れることができる総合的ソリューションが必要です。

機体の実働時間を最大化するためのサービス部品ソリューションの詳細については、航空宇宙および防衛業界のページをご覧ください。

機体の実働時間を最大化するためのサービス部品ソリューションの詳細については、航空宇宙および防衛業界のページをご覧ください。
Tags:

About the Author

General Howard Brent Baker

Major General H. Brent Baker, (Retired) VP Worldwide Federal Aerospace and Defense

In his role at PTC, Maj. Gen. H. Brent Baker Sr. (Retired) is responsible for strategic planning and business development in the worldwide FA&D market vertical with a specific focus on gaining first-to-market competitive advantage in the adoption of technology and smart, connected enterprise solutions.

General Baker was most recently Vice Commander, Air Force Materiel Command, Wright-Patterson Air Force Base, Ohio. The command employs some 80,000 people and manages $60 billion annually in research, development, test and evaluation, while providing the acquisition management services and logistics support required to develop, procure and sustain Air Force weapon systems.

He also directed policy and procedures affecting AFMC aircraft maintenance, munitions, supply, logistics plans, transportation and packaging methods, and logistics data systems. Finally, as the staff lead for logistics and life cycle sustainment issues, General Baker planned and coordinated product support and acquisition logistics for fielded and emerging Air Force weapon systems.

General Baker entered the Air Force in 1979 as an enlisted member and was commissioned in 1985 through Officer Training School after graduation from Southern Illinois University. He has had numerous assignments, such as the Director of Logistics, Headquarters Pacific Air Forces, Joint Base Pearl Harbor-Hickam; Chief, Materiel Management Flight, 8th Supply Squadron, Kunsan Air Base, South Korea, and headquarters staff positions, including Chief, Supply Policy and Procedures, Headquarters Air Combat Command, Langley AFB, Virginia. General Baker also served as a presidential fuels flight officer at Joint Base Andrews, Maryland, and as the Commander, 18th Mission Support Group, Kadena Air Base, Japan. He served both as the Vice Commander and Commander, 95th Air Base Wing, Edwards AFB, California, and as the Commander, Air Force Global Logistics Support Center at Scott AFB, Illinois, and Commander, Ogden Air Logistics Complex at Hill AFB, Utah.

In addition to achieving several educational distinctions in the military for strategic studies, anti-terrorism, and logistics technology, General Baker (ret) holds a Bachelor of Science degree in industrial technology from Southern Illinois University, Carbondale and a Master of Science degree in administration from Central Michigan University, Mount Pleasant.