• 現代の製造における PLM と ERP

PLM と ERP: 現代の製造におけるそれぞれの役割

このホワイトペーパーでは、PLM と ERP の統合がもたらすメリットと、ベストプラクティスについてご紹介します。


業界トップクラスの製造業では、製品の初期構想からフィールドサービスまで、人材、プロセス、ツールを調整しています。そのためには、各担当者の専門知識に基づいて製品データおよび企業データにアクセス権を提供しています。しかし、設計と工場やサプライチェーンを結びつけるシステムは複雑で、コストもかかります。さらに、情報が企業全体に散らばる別々のシステムに保存されている場合、情報へのアクセスを簡便にすることは困難です。

PTC は、ERP/MES および PLM の両方のシステムから最大限にメリットを引き出すことが解決策であると考えています。これらのシステムを適切に組み合わせて調整することで、どちらか一方だけでは提供できない付加価値を提供できます。これらを効率的に統合することで、世界中どこでも場所を問わず、また在宅勤務でも、設計、購買、製造の各部門が同時に作業を行うことが可能になります。

このホワイトペーパーの主な内容は次のとおりです。

  • 拡大する PLM の領域
  • ERP と PLM の起源とそれぞれの長所
  • ERP と PLM を利用した製造上の重大な課題への対応方法
  • PLM はどのように ERP と連携し、ERP を改善するか
  • Windchill PLM は既存の ERP および MES ソリューションをどのように補完するか

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。