適切な要件管理ソリューションの選択

パネル ディスカッションのメンバー

クリストファー・ロスナー (Christopher Rösner): 要件担当ゼネラル マネージャ、e.GO mobile AG

クリストファー氏は、ドイツの e モビリティ関連の新興企業、e.GO mobile AG 社の要件担当ゼネラル マネージャです。まもなくリリースされる 3 つの製品すべてを担当しています。

クリストファー氏は、e.GO で使われている要件管理ツールのシステム管理と、プロセスの定義やシステムのコンフィギュレーションも担当しています。

アーヘン工科大学と北京の清華大学で機械工学とビジネス管理を学び、両方の大学で修士号を取得しています。はじめて要件管理に触れたのはアーヘン工科大学で修士論文を執筆していたときでした。アジャイル製品開発プロジェクトにおける要件のトレーサビリティについて研究していたのです。

要件管理を担当するようになってから 1 年半になりますが、同氏の主目的は、物理的な製品のアジャイル開発に対応できる要件管理プロセスを確立することです。そのためには、開発者が進行中の開発業務に必要な情報を常に参照できるようにしながら、シンプルかつ効果的に要件の変更を適用できる要件管理ツールが必要です。


ミッシェル・ブーシェ (Michelle Boucher): 調査担当バイス プレジデント、Tech-Clarity

ミッシェル・ブーシェ氏は Tech-Clarity の調査担当バイス プレジデントです。これまで 20 年以上、エンジニアリング、マーケティング、マネジメントの各分野に携わり、アナリストとして活躍してきました。製品設計、シミュレーション、システム エンジニアリング、メカトロニクス、組み込みシステム、PCB 設計、製品性能の改善、プロセス向上、マス カスタマイゼーションなど、その経験は多岐にわたります。経験豊富な研究者であり、著述家でもあるブーシェ氏は、7,000 人の製品開発の専門家から情報を集め、製品開発のベスト プラクティスに関する 90 以上のレポートを公開しています。現在は主に、製品、市場、設計環境、バリュー チェーンを取り巻く今日の複雑な状況を打開し、収益を向上しようと努力している企業を支援しています。


チェ・カーニュー (Che Curnew): シニア テクニカル セールス スペシャリスト、PTC

チェ・カーニューは PTC のシニア テクニカル セールス スペシャリストで、ハードウェアとソフトウェア チームの生産性を高めるためのサポートを 10 年以上続けてきた認定スクラム マスターでもあります。要件管理とテスト管理に重点を置いており、ユーザー 10 人といった小規模なものから、1,000 人以上のユーザーによるグローバル ロールアウトまで、さまざまな実装に携わってきた経験があります。