BMW のアジャイル 100% への道 – エンタープライズアジャイルへの移行について

オンデマンドセミナー
 



生産準備にかける時間を短縮し、ミス (スクラップ、手戻り、品質の問題) をなくすには、エンジニアリングと工場の緊密なコラボレーションが必要です。部品表 (BOM) をベースにデータを調整し、エンジニアリングから製造までの複数の部門が適切な製品データを確実に取得できるようにすることが非常に重要です。

コンフィギュレーション可能製品を多数製造し、世界に複数の製造プラントを持ち、サプライ チェーンが多角的な BMW 社は、コラボレーションを実現するために、iPDM (統合製品データ管理) プログラムによるデジタル トランスフォーメーションへの取り組みを始めています。

世界の製造施設と分散するサプライ チェーンに対応し、プラント別の製造 BOM を生成し最適化する (たとえば、各地域で "構築か購入か" の意思決定を下す) ために、BMW のオープンで柔軟な新しい部品表 (BOM) のバックボーンとして、Windchill と ThingWorx が使用されています。

BMW のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みをぜひご確認ください。
 

プレゼンター:

クラウス・ウェバー (Klaus Weber)
BMW、iPDM 担当 IT シニア プログラム マネージャ

マティアス・ブライデンバッハ (Matthias Breidenbach)
 PTC、戦略的サクセス マネージャ