下流工程のチームが、製品データにより簡単にアクセスできるようにする

ThingWorx Navigate を効果的に活用した EAG



多くの製造メーカーが、下流工程担当者にも有用な製品データを利用してもらいたいと考えています。しかし、製品データがエンジニア向けの製品ライフサイクル管理 (PLM) システムに保管されている場合、それが難しくなります。多くのエンジニア以外のユーザーにとっては、こうしたシステムは複雑すぎて使いこなせません。また、組織としては、PLM ライセンスの追加購入や、こうしたユーザーのサポートとトレーニングコストに抵抗感があります。

航空機構成部品の設計、開発、製造を手がける Elite Aerospace Group (EAG) 社も、そのような状況でした。しかし同社は ThingWorx Navigate を利用してこの課題を克服し、目標を達成しています。

EAG の事例についてお聴きください。どのようにして社内全体の関係者がより簡単に製品データにアクセスできるようになったのかをご説明します。

このパネルディスカッションでは、EAG の CAD/PLM 担当ディレクターを務めるスチュアート・ウェイラー (Stuart Weiler) 氏が、PTC の PLM ソリューション担当シニア ディレクターのグラハム・バーチ (Graham Birch) とともに、次の点を考察します。

  • EAG が ThingWorx Navigate を導入した方法
  • EAG の ThingWorx Navigate アプリケーションのデモ
  • 役割およびタスクベースのアプリケーションを自社に導入する際、役に立つ最良事例

ほかの製造メーカーが、製品開発の下流工程のスタッフをどのように支援しているのか、その舞台裏を覗いてみましょう。

担当者:


スチュアート・ウェイラー (Stuart Weiler)

CAD/PLM 担当ディレクター
EAG


グラハム・バーチ (Graham Birch)

PLM ソリューション担当シニア ディレクター
PTC