• 部品の重複を回避

設計以降のプロセスにおける部品の重複、検索、再利用の問題を回避

PLM Virtual Conference 2021 特別セッション

設計以降のプロセスにおける部品の重複、検索、再利用の問題を回避

製品の設計チームが、その設計ニーズに合った既存の部品を簡単に見つけることができれば、新たに部品を開発する必要がなくなります。新しい部品を開発する場合、数千ドル、場合によっては数万ドルのコストがかかる可能性があります。

Windchill を使用すると、部品を迅速かつ効率的に検索し、閲覧できます。データをクラス階層に分けて整理できるため、部品分類を標準化し、ユーザーに型通りの繰り返し可能なプロセスを提供できます。

これにより、在庫の合理化、サプライチェーンの利用状況の改善、アフターサービス提供の簡素化を実現します。

plm-process-management-twoworkers-1920x906 plm-process-management-twoworkers-1920x906

PLM Virtual Conference: Getting Your Digital House in Order(強固なデジタルハウスを建てるには)

設計ツール、プロセス、チームの間の連携を向上させましょう。

PLM Virtual Conference 2021 のオンデマンドセッションで、「強固なデジタルハウスを建てる」方法をご確認ください。Volvo CE 社、Johnson & Johnson 社、The Toro Company、Steelcase 社、Solar Turbines 社などの企業が、効率性向上、リードタイム短縮、運用コスト削減により、さらに優れた設計を実現した方法をご紹介します。