部品表を主体とした BOM を導入

あなたの世界観は図面に基づいていますか?  

製品の複雑性が増す中で、ほとんどの企業が製品開発を最適化する方法を模索しています。インダストリー 4.0、スマート マニュファクチャリング、IoT といった傾向が生まれる中で、製品の複雑性が増しています。企業の取り組みの成否は、開発以降のプロセスでこれらすべての可動部品を管理できるかどうかと、製品ライフサイクル全体ですべての関係者が足並みを揃えられるかどうかにかかっています。つまり、特にエンジニアリング、製造、サービスの各部門が最新の製品情報を関単に参照できるようにする必要があります。

では、そのためにはどうすればいいのでしょうか。こちらの電子ブック『部品表を主体にした(パーツ セントリック) BOM 導入ガイド』をご覧ください。この電子ブックでは、図面中心の手法の問題点と、部品中心の製品開発手法への移行によって企業が得られるメリット、そこに到達するための経路について簡単に説明します。

このレポートをお読みになる場合は、フォームに必要事項を入力してください。


都道府県を選択してください