• 産業 IOT の GARTNER MQ

Gartner 社による産業 IoT プラットフォームのマジッククアドラント(2020 年版)

Gartner 社の最新のレポートでは、産業 IoT 市場の変革の状況について解説し、数々の産業 IoT プロバイダーの中から PTC がリーダー企業に選出された理由を明らかにしています。

産業 IoT プラットフォームは、産業界を大きく変革するための中心的な存在です。設備の多い業界は、生き残りを賭けて、デジタルビジネスに生まれ変わろうとしています。効果的なプランニングに加えて、適切な産業 IoT プラットフォームを選択できるかどうかが、迅速に成功を収めるか、PoC(実証実験)を停滞させるかの分かれ道となります。

このテクノロジーと市場に対する理解を深めるために、Gartner 社は 2020 年版の産業 IoT プラットフォームのマジッククアドラントをリリースしました。このレポートでは、特定の必須機能に基づいて、産業 IoT プラットフォームを定義しています。さらに、このマジッククアドラントでは、PTC が産業 IoT のリーダー企業として評価されており、明確なビジョンをもった企業として最高評価を獲得しています。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。


リクエストが送信されるまでお待ちください...

最新の Gartner 社のレポートはこちら

このマジッククアドラントを読むことで、次のような重要な疑問に対する答えが見つかります。

  • 産業 IoT 市場はどのように進化しているか?
  • 産業 IoT プラットフォームは IT および OT インフラとどのように連携しているか?
  • 現在の世界的な経済状況は、プラットフォームの形成にどのような影響を及ぼしているか?また、産業 IoT プラットフォームの顧客が抱えるニーズについてはどうか?
  • マジッククアドラントで、PTC のどのような強みがリーダー企業としての評価につながったのか?
  • 産業 IoT ベンダーの候補を評価する際に考慮すべきポイントは何か?
  • 現在使用中のソリューションと、Gartner 社のマジッククアドラントで紹介されている産業 IoT プラットフォームの違いは何か?


Gartner 社による産業 IoT プラットフォームのマジッククアドラント。Eric Goodness、Alfonso Velosa、Ted Friedman、Emil Berthelsen、Scot Kim、Peter Havart-Simkin、Katell Thielemann(2020 年 10 月 19 日)。
Gartner 社は、調査文書に記載したいかなるベンダー、製品、またはサービスも支持せず、テクノロジーユーザーに対して、高い評価またはその他の称号を得たベンダーのみを選ぶよう助言するものではありません。Gartner 社の調査出版物は Gartner 社の調査組織の意見から構成されるものであり、事実を記述したものではありません。Gartner 社は、明示または黙示を問わず、商品性の保証や特定目的への適合性を含め、本調査に関していかなる保証も行いません。
iiot-wp-gartner-man-tablet