• プロアクティブなサービスの実現

プロアクティブなサービスの実現

接続性と予測分析を活用してリアクティブなサービスからプロアクティブなサービスに移行


リアルタイムな製品データから分析情報を取得し、状況に基づく予知保全により効率性を活用

製造業は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって浮き彫りになった課題を強く認識しています。つまり、現場への立ち入りが禁止されている状況での製品開発や現場でのサポートは、不可能ではないまでも困難であるということです。しかし、このような前例のない状況となる以前から、現場の製品のサービスにかかるコストや非効率性は長年問題となっていました。

接続性と予測分析を組み合わせることで潜在的な問題の検出が可能となり、企業は障害が発生する前に問題を解決できるようになりました。以前は考えられなかったことが現実となっているのです。

問題が発生する前に対応するというパラダイムシフトが一般的になりつつあり、大手メーカーはコスト削減とカスタマーサービスの向上を同時に実現しています。さらに、製品寿命の延長が可能となるため、スペア部品や交換部品の年間コストも全体的に削減できます。

この特別レポートをダウンロードして、障害が発生したら修理するリアクティブなメンテナンスからプロアクティブなメンテナンスに移行する方法をご確認ください。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。