• transform service with equipment monitoring

顧客の機器を監視することによるサービスの改善

機器メーカーは、製造業務におけるデジタル化によって製品やサービスの価値を広げ、顧客との間でより広範な関係を築くことができます。


製造業務とサービス業務のデジタル化によって市場の定義が塗り替えられ、接続性とモニタリング機能を利用して適切に対応し適応している機器メーカーに、より有利な状況が生まれています

機器のデータに接続してそれを監視する能力がビジネスに変革をもたらしています。機器のモニタリングにより、資産の信頼性を高め、耐用寿命を延ばし、非稼動時間を最小限に抑えることができるため、この機能が新しい産業機器に投資する企業に必須のものとなっているのは、当然のことと言えるでしょう。

多くのベンダーが、既存の資産を活用できる産業用接続性ソリューションを投入しており、競争で後れを取らないためにも、そうした機能の導入が不可欠となっています。こうした状況への適応が遅れれば、機器メーカーは自社製品について有用なサービス戦略を打ち出すチャンスを失いかねません。

Tech-Clarity による eBook をダウンロードして、接続された機器のモニタリングをイノベーションに活用し、サービスレベルを向上させる方法をご覧ください。