スマート・コネクティッド・プロダクツで利益を確保

製品を差別化してビジネスの売上と収益を向上させる方法


スマート製品が汎用品化していく中で、製品を差別化し収益性を拡大し続けるには?

スマート製品は、競争上の優位性から競争上の必須要件へと変化しています。今日のお客様は、機械、電気、ソフトウェアの要素を統合し、高い機能性、性能、信頼性を提供する製品を求めています。

スマート製品が標準となる中、汎用品化に対抗し、進化するお客様の期待に応え、新たな方法でスマート製品を活用することがコスト削減と収益増加の鍵となります。

169 社の電子機器企業および産業機器メーカーを対象とした Tech-Clarity 社の調査によると、スマート製品をすでに導入し、デジタルによる双方向の接続性を活用している優良企業は、平均して 43% の収益増加(非導入企業の約 2 倍)を達成し、非導入企業よりも約 11% コストを削減しています。

デジタルによる双方向の接続性を活用して、製品の差別化、汎用品化のリスクの削減、収益性の向上、長期的なビジネスの持続性を実現する方法をご紹介します。eBook は無料ですぐにダウンロードできます。

[subject-name] さん、お帰りなさい。
別のユーザーですか?

下のボタンをクリックして続行してください。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。