Creo で始める、8 つの設計者解析 ~設計検討の効率化こそ、3D化の大きなメリット~




【概要】
3D 空間におけるシミュレーションは、2D の世界では詳細に行うことができなった設計検討が、新たに行えるようになったり、検討の精度を向上させたりできます。 3D CAD 導入は、まずシミュレーションからがお薦めです。
Creo では、構造・伝熱解析を行う有限要素法 (FEM) や、樹脂流動や熱流体解析を行う有限体積法(FVM)のような狭義の CAE にとどまらず、機構・運動解析や公差解析など、8 つのシミュレーションを効率的に行うことができます。
より多くの試行錯誤から、設計の質を向上をはかり、QCD の徹底追及を Creo の活用で実現させましょう。

【講師紹介】
PTC ジャパン株式会社
製品技術事業部 CAD 技術本部 チャネル テクニカル マネージャ
尾崎 晴久

※本セッションは 2018 年 2 月 8 日に実施した Web セミナーのリプレイです。

[subject-name] さん、お帰りなさい。
別のユーザーですか?

下のボタンをクリックして続行してください。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。