3D CAD データ活用により検査作業を強力にサポートする、新しい AR ソリューションのご紹介


IoT により様々な工程の自動化が進んでいますが、目視による検査は必ず必要となります。しかし目視による検査には思い込みやミスが入り込むスキがあります。検査ミスによる不良品や手戻りなどのコストは高くつきます。

一方で多大な工数と費用をかけて設計で作成した 3D CAD データのほかの部署や製造工程における利活用が叫ばれています。3D CAD データの正確さを現場作業に活かすことで、全体的な生産性向上や品質向上に繋げられたら、と考えることは自然の流れです。

本セッションでは、PTC が新たに提供する AR ソリューションにより、3D CAD データがどのように検査作業をサポートできるのかをご紹介します。

【講演者】
Akira_Nishi
PTC ジャパン株式会社
製品技術事業部 プラットフォーム技術本部
製品戦略部 部長
西 啓
※本セッションは 2021 年 8 月 10 日に実施した Web セミナーのリプレイです。

[UserName] 様、このメールアドレスは、すでに Creo 試用版に関連付けられているようです。 PTC または最寄りの Creo 販売代理店にお問い合わせのうえ、ご利用いただける Creo ソリューションについてご確認ください。Creo に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

Hallo [subject-name], さん、お帰りなさい。
別のユーザーですか?

下のボタンをクリックして続行してください。