• 武田薬品工業株式会社の事例

ミックスリアリティへの対応 - 製薬業における IT 変革とタケダの取り組み

武田薬品工業株式会社の事例


工場のデジタル化への取り組みはデータに焦点が当てられています。しかし、工場には人的リソースが必要であり、その人的リソースは、生産に直接関わるということ以上に、自身のナレッジを駆使しながらスマートガイダンスに沿って作業することで優れた生産活動を維持するというものです。サイバー第 4 次産業革命は、製品を生産、制御、格納するためのスマートな設備・機器類に関わるものですが、これは、医薬品製造や品質管理の領域において、生産性、品質、経済性を向上させる大きな可能性を秘めた新たな XR の技術なくしては実現できません。武田製薬では、新たな機能を戦術的に導入することで、課題の特定と学習を同時に実現する道のりを歩み始めました。
本セッションでは、製薬業界、そして武田製薬での課題と潜在的なユースケース、医薬品製造の領域でXR技術を大規模に展開する際の選択肢、そして我々の経験の中で得られた最初のフィードバックという、主に3つのトピックで構成されています。

※PTC Virtual DX Forum Japan 2020 でご講演いただいた武田薬品工業様の Web キャストです。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。