• 品質検査の業務課題を AR デジタル活用で効果的に解決

品質検査の業務課題を AR デジタル活用で効果的に解決



品質検査の業務課題を AR デジタル活用で効果的に解決

近年、現場作業の過度な効率化の追求で、かえって検査工程の完遂に課題を抱えている企業は少なくありません。巡回点検時の運転員・保全員の操作ミス、記入漏れなどを克服し CSR 活動へ連携することは、企業にとって重要なミッションのひとつです。そこで課題解決の対策として、積極的なデジタル技術の活用に注目が集まっています。
本セミナーでは、日本の市場で今何が求められているのか、グローバル企業では当たり前に実施しているデジタル検査での製品保証の事例として Samsung Engineering 社の取り組みを紹介します。

【プログラム】
  • 建設業 DX の動向と品質検査のデジタル化に向けた取り組み・課題
    講演: 株式会社野村総合研究所
    建設業界では低い労働生産性・熟練技能者高齢化に伴う人手不足対応に加え、コロナ禍でデジタル化が急務となっています。デジタル基盤としての BIM/CIM は徐々に活用が進む中、現場・現況との橋渡しとして建設 IoT・AR の重要性が増しております。特に品質検査では施工管理者の熟練度に依存せず、効率的に行う体制の構築が求められるのではないでしょうか。本セミナーでは建設業 DX の動向とデジタル化に向けた取り組みをご紹介します。

  • AR 技術を活用した AEC 産業のビジネス革新方法と事例
    講演: Samsung Engineering Co., Ltd.、 PTC Korea
    AEC (エンジニアリングおよび建設)産業で AR 技術を活用した BIM (ビルディング インフォメーション モデリング)の軽量化と空間情報のデジタル化は設計、施工、維持管理などの分野で大きな価値をもたらし始めています。特に、プラント先進企業では施工過程で生じる様々な環境に迅速かつ正確に対応でき、 IoT プラットフォームと連動可能な AR 技術を導入して「スマートビルディング」の構築に拍車をかけています。
    本セミナーでは、 AEC 産業のビジネス革新に活用される AR の主な技術とともに、デジタル技術の導入が牽引したビジネス革新の成功事例およびノウハウを紹介します。

  • 複雑化と人材不足がもたらす品質・保全業務工程の改革方法
    講演: PTC ジャパン株式会社
    あらゆる業種・業界において、製品、サービスがより複雑化、高度化になってきています。これに加えて、熟練工をはじめとした人材不足が大きな課題となっています。俗人化されている保全業務スキル。作業情報が共通化出来ていない環境。操作ミスや記入漏れから引き起こす CSR 活動への重要性。現場で活用する様々なデータをデジタル化し、 AR 技術と組み合わせて活用することで、品質・保全業務工程を変えていく重要性をご説明します。

【講演者】
Masahito Komiya
株式会社野村総合研究所
グローバル製造業コンサルティング部
主任コンサルタント
小宮 昌人 氏
Bongsoo Ko
PTC Korea
Director of Pre-sales Team
Team Leader
Bongsoo Ko
Jangwon Chae
Samsung Engineering Co., Ltd.
Quality Management Team
Pro
Jangwon Chae 氏
Nobuhiko Morohashi
PTC ジャパン株式会社
イノベーション & デジタルトランスフォーメーション事業部
事業本部長
諸橋 伸彦

※本セッションは 2021 年 11 月 18 日に実施した Web セミナーのリプレイです。

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。