拡張現実でトレーニングと知識共有を促進する方法

AR を利用してスキル開発を促進し、専門知識を保存している製造メーカーに関する IDC の見解。

職場の専門知識はかけがえのないもの。御社では事前に対処できていますか?

製造メーカーでは、経験豊富な現場スタッフが退職する際、その組織的知識を失うことになりますが、拡張現実を利用すればその専門知識を保存して新世代のスタッフに伝えることができます。

2019 年に実施された AR 採用企業に関する IDC の調査では、知識の取り込みと従業員のトレーニングが主要なユース ケースの 2 つであることが判明しました。IDC の拡張現実アナリストによる本レポートをダウンロードして、AR を導入した製造メーカーで以下が実現する理由をご確認ください。

  • トレーニング プロセスをスピードアップすると同時にコストを削減する
  • デジタル コンテンツでトレーニング プログラムを更新する
  • より効果的なトレーニングとスキル開発を従業員に提供する
  • 安全性に関する要件を教え込み、標準操作手順へのコンプライアンスを強化する


リクエストが送信されるまでお待ちください...