AR とリアルタイムデータでスキルギャップを解消し、インダストリー 4.0 へと移行

Aberdeen 社のレポートでは、スキルギャップを解消し、製造業とサービス業がインダストリー 4.0 の未来に向けた人員体制を整えるために拡張現実 (AR) がもたらす効果について解説しています。


Aberdeen 社が説く、拡張現実 (AR) がスキル ギャップの解消にもたらす効果

業界全体でスキルギャップが問題となり作業環境の変化が進む中、製造業とサービス業では、運用効率と生産性を高め、全般的な従業員体験を向上するうえで、拡張現実 (AR) とリアルタイムデータの併用が重要であるという認識が広まっています。

Aberdeen 社のレポート「拡張現実 (AR) とリアルタイムデータでスキルギャップを解消し、インダストリー 4.0 へと移行」では、製造業やサービス業の現場が次のような目的で拡張現実 (AR) を活用し、従業員とビジネスの両方に効果をもたらしていることを紹介しています。

  • 新入社員のトレーニングの強化
  • 作業中の技術者への現場支援の提供
  • ベテラン作業員による遠隔支援の提供
  • その他

スキルと知識のギャップを埋め、成功に必要なツールをすべての従業員に提供するには、AR とリアルタイムデータの活用が鍵になります。レポートをダウンロードして詳細をご確認ください。

拡張現実 (AR), 製造, トレーニング

Hi [subject-name], Welcome back.
Not you?

Click the button below to continue.

私は、私の個人情報が PTC のプライバシーポリシーに従って処理され、PTC の製品や関連サービスのプロモーションのために、PTC Inc. の子会社または PTC パートナーネットワークのメンバーと共有される可能性があることを了承します。