適切な PLM ソフトウェアを選択することで医療機器エンジニアリングにおける競争力を獲得



適切な PLM ソフトウェアを選択することで医療機器エンジニアリングにおける競争力を獲得

医療機器企業は、チームによるイノベーションと、安全性が何より重要で厳しく規制されている製品エンジニアリング環境の厳格さのバランスをうまくとる必要があります。収益性を実現するには、ステージゲート方式で制御されたプロセスによってエンジニアリングと品質管理を行い、画期的な医療機器を提供することが目標となります。

また同時に、品質とコンプライアンスの重視も非常に重要です。適切なテクノロジーに投資することで、品質、コンプライアンス、収益性のバランス調整が可能になります。 この医療機器に焦点を当てたインタビューでは、エキスパートからお話を伺います。Novartis 社サービス デリバリ エンジニアリング マネージャのマーク・ターナー (Mark Turner) 氏からは、医療機器エンジニアリングにおける課題に関するご自身の体験をお話しいただきます。またTech-Clarity 社エンジニアリング ソフトウェア リサーチ担当副社長のミッシェル・ブーシェ (Michelle Boucher) 氏には、医療機器の品質に関する無数の調査で明らかになった事柄をご紹介いただきます。PTC の戦略および市場開発担当副社長のスワパン・ジャー (Swapan Jha) は、PLM ソフトウェアによる競争力の獲得について考察します。

主なトピックは次のとおりです。

  • 医療機器企業が直面している課題
  • 次の点に関して製品ライフサイクル全体を考慮すべき理由
    • 製品および要件の管理
    • ドキュメント中心のアプローチから製品中心のアプローチへの移行
    • スマート・コネクティッド・ プロダクツの実現
  • 品質管理イニシアチブのサポートに最適なソフトウェアを選択するための最も重要な選択基準