製造組織全体でデジタル変革を推進

製品ライフサイクル全体を刷新

部門の壁を超えてコラボレーションを促し、イノベーションを推進

製品は複雑さを増し、プロセスとシステムは分散化が進み、市場投入までの期間はますます短くなっています。これらは、製造メーカーにデジタル変革を通じた刷新を迫る要因の一部にすぎません。以前はエンジニアリング製品の開発ツールでしかなかった PLM が、急速にデジタル変革イニシアチブの中心的存在になりつつあります。 

PLM により、市場と顧客のニーズの先を行くために不可欠な、企業の複数の部門やプロセスにまたがるコラボレーションが可能となります。PTC のエンタープライズ PLM ソリューションである Windchill は、製品の構想段階から製造、デバイス接続、フィールドサービスまでにわたり、コラボレーションを促進します。 

Windchill を使用すると、BOM のデジタル変革によって、すべての製品データを汎用性の高い 1 つの統合ビューで把握できるようになります。これにより、連続したデジタル・スレッド、つまりエンジニアリングの上流から下流までをつなぐシームレスなデータフローが生み出されます。Windchill を使うことで、製造メーカーは以下のような多くのメリットを得られます。

• 製品開発コストの削減 
• 製品品質の向上 
• 顧客満足度の向上
• 製品イノベーションの推進 
• 生産性の向上 

今日の優良企業は、製品ライフサイクル管理 (PLM) のデジタル変革という新たな潮流をうまく活用しています。コラボレーションが容易で接続性を備えた PLM 環境の構築に力を注いだ結果、これらの企業は、コスト削減、品質向上、迅速な市場投入で目覚ましい成果を上げています。

- Aberdeen による調査報告「コネクティッド PLM が製品の複雑性に対処 (そして打ち勝つ)」
 
詳細を確認

BOM管理バイヤーズ・ガイド

貴社BOM のデジタル変革に最適なソフトウェアを選択するために、専門家のアドバイスを受ける

バイヤーズ・ガイドを読む