要件管理および検証

製品ライフサイクル全体で要件を指定、定義、確認、検証する

PLM の出発点は要件管理

要件および検証に効率的に対処することは、複雑な製品およびシステムの開発と設計に不可欠であるだけではありません。リスクの軽減と顧客満足の確保のためにも重要です。

要件管理と検証を行うことで、製品のあらゆる側面を指定、定義、確認、検証できるようになります。チーム、ベンダー、サプライチェーン全体で、エンドツーエンドのトレーサビリティ、組み込みの変更および構成ン管理、標準ベースのコラボレーションが実現します。

Empower Teams to Collaborate and Build Complex Products

チームによるコラボレーションと複雑な製品の構築を後押し

ほとんどの製造業で、要件は Microsoft Word、Excel、電子メールなどの独立したシステムで管理されているのが一般的です。これにより、変化のスピード、増え続ける製品バリエーション、厳格さを増す重複した規制要件に対応することが困難になっています。その結果、無駄な手戻りが発生し、コストの増加と製品リリースサイクルの予測可能性の低下を招きます。

このような課題に対処するために、さまざまな企業が要件管理および検証ソリューションを利用して、コスト、品質、市場投入期間に関する重要な目標を満たす、規制に準拠した革新的な製品を提供しています。PTC のソリューションを利用すると、進化する要件とテストアセットを一元的に管理できます。データのトレーサビリティと共有は自動化されるため、アプリケーション間での、また製品ライフサイクル全体での部門の壁を越えたコラボレーションが可能になります。

試行錯誤不要のソリューション

PTC の要件管理および検証ソリューションは、詳細で監査可能なトレーサビリティを実現します。これにより、部門の垣根を越えた安全なコラボレーションと、サプライチェーンを含む関係チームすべての間での同時開発が可能になります。進化する要件を相対的に把握できれば、関係者は簡単にテストセッションを管理し、提案された変更がもたらす影響を判断できます。さらに、要件に照らしてテスト結果を確認し、製品の品質とコンプライアンスを改善できます。要件は ReqIF ファイル形式でインポート/エクスポートすることもでき、サポート対象のアプリケーション間で同期を行うための、柔軟な構成およびマッピングオプションが用意されています。

Getting it Right the First Time

主な製品機能

管理対象の追跡可能な要件をベースとした確認プロセスの構成とメンテナンス

  • 高度なオーサリングおよびコラボレーション: リッチテキストおよび階層ビューにより、データを効率的に管理する

  • 最新の Web ユーザーインターフェース: ドキュメントおよびアイテムエディター、ドキュメントレビューおよびフィードバック、組み込み OSLC クライアントなど

  • エンタープライズのスケーラビリティと信頼性: 一元的な要件および検証システムによる数千人のユーザーへの拡張

  • 顧客とサプライチェーンの統合: 要件情報を、チーム、製品、ベンダーの垣根を越えて簡単に共有および同期

  • 効率的なコンプライアンス: 安全なプラットフォーム上でコンプライアンス、安全性、品質を総合的に把握し、それらに関するレポートを改善

  • プロセスとイベント主体のサーバー間統合: OSLC を含む標準ベースの API を介してデータにアクセスし、Windchill および Windchill Modeler による連結およびトレースの実現

  • サブスクリプションベースのアクセス: 1 つのサブスクリプションにソフトウェアとサポートがセットになっているため、予算管理が容易になり、透明性が高まり、未使用のソフトウェアのコストを削減

お客様事例

製品ライフサイクル全体で要件とテストデータを管理している同業企業の事例をご確認ください。

Cummins 社の事例: 要件管理

Cummins 社では、すべての関係者が再利用、アクセスできる情報すべてを含めたグローバルな製品要件ライブラリを活用しています。

Web キャストはこちら

Medtronic 社の事例: グローバルなコラボレーションの改善により製品の複雑性に対応

Medtronic 社は、グローバルレベルでのコラボレーションを強化すると同時に、多数の複雑な製品に適用される厳格な FDA 要件を遵守しています。

ビデオはこちら

PTC の PLM プラットフォーム、Windchill の詳細

PTC の主力 PLM 製品、Windchill の詳細をご確認ください。ビジネスの成長を支える、業界でも実証済のソリューションです。デジタルスレッドの基盤として利用される Windchill は、グローバルチームの作業方法と要件およびテストデータの収
集方法を変革します。Windchill により、大切な要件と検証アセットのための拡張性を持ち、完全にカスタマイズ可能なリポジトリを手に入れることができます。

Windchill は、グローバルなコラボレーションやイノベーションに適した、信頼性、拡張性、スケーラビリティに優れたプラットフォームであり、150 万ライセンス以上の導入実績があります。

WINDCHILL の詳細はこちら

お問い合わせ

組織のすべての関係者が製品データにすばやく簡単にアクセスできるようにしましょう。PTC の製品ライフサイクル管理ソリューションである Windchill は、組織のサイロ化の解消を支援して以下を実現します。

  • 市場投入までの期間の短縮
  • コストの削減
  • 製品の品質向上
  • イノベーションに割り振る時間の増加

Windchill は、組織が大規模なデータセットを管理するために必要なパフォーマンスを提供します。サブスクリプション価格設定を利用すると、必要な機能だけを契約することができます。また、ThingWorx IoT プラットフォームと簡単に統合することが可能で、現場のスマート・コネクティッド・プロダクツ (SCP) から入手したデータをデジタルツインに活用できます。

Windchill の詳細情報をご希望の場合は、フォームにご記入ください。後ほど担当者から連絡いたします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...