インダストリー 4.0 の最大の障害を取り除く: コネクティビティ

インダストリー 4.0 のメリットは、競争力を維持したいと考えている製造業にとって、非常に重要な検討課題です。しかし多くの企業は、工場に存在する多数の設備(特に信頼性が高い古い機器)を接続することにかなり躊躇しています。

モノのインターネット (IoT) のスケーラビリティ重視で設計された ThingWorx Kepware サーバーは、コスト効率が高く導入が容易で、さまざまなタイプの設備に対応できる標準化された産業用コネクティビティを提供します。コネクティビティの障害を取り除くことができるため、業務を変革する効果的なインダストリー 4.0 プロジェクトを実施できます。

 

製品概要はこちら

ThingWorx Kepware Server: 産業に特化した機能群

ThingWorx では、産業 IoT やインダストリー 4.0 プロジェクト向けの産業用コネクティビティを使用できます。ThingWorx Kepware Server は、信頼性、セキュリティ、スケーラビリティによって、企業全体のプロジェクトを支援し、加速します。

 

ThingWorx の実証済みの信頼性

信頼性

ThingWorx Kepware Server のコードベースは、世界 75,000 カ所以上で信頼されており、産業用オートメーション・コネクティビティのエキスパートによって構築されています。ThingWorx やその他の分析プラットフォームとシームレスに連携します。

ThingWorx Kepware Server の比類なきセキュリティ

セキュリティ

ThingWorx Kepware Server は、AlwaysOn プロトコルを使用してお客様のデータを暗号化し、産業 IoT の攻撃対象範囲を削減します。

ThingWorx Kepware Server のエンタープライズ向けスケーラビリティ

拡張性

ThingWorx Kepware Server は、新旧を問わず工場のほぼすべての設備を接続できるため、工場内や複数の拠点全体で産業 IoT プロジェクトを容易に拡大できます。

Teel Plastics 社: コネクティビティを活かして工場を刷新

独自の押出成形分野のリーダーである Teel 社の部品は、世界中のさまざまな製品に使用されています。規模や複雑化するニーズに対応するため、Teel 社はコネクティビティを導入し、IoT PLC 統合を行いました。Teel 社が ThingWorx Kepware Server を使用して、コネクティビティから複雑さを排除し、効率と生産量を大幅に改善した方法をご紹介します。
ThingWorx Kepware Server Enterprise

エンタープライズスケールでの無限のコネクティビティ

最高品質の一元化された産業用コネクティビティソリューションは、さまざまなプロトコル、ベンダー、デバイス、マシン、ソフトウェアアプリケーション、データポイントなどのデータの接続性とアクセスを集約することで、情報のサイロ化を解消します。これにより、企業全体でデータへの完全なアクセスを実現できます。全社規模のアプローチでコネクティビティを確保することにより、的確なタイミングで適切なデータを提供し、チームを支援できます。

接続機能を持つ機器を最大限に活用

デモ: ThingWorx Kepware Server のデモをご確認ください

標準化されたコネクティビティの価値を確認するため、ThingWorx Kepware Server をお試しください。時間制限付きのソフトウェアの試用版は、何度でも再実行できます。製品版と同等の機能を備えているので、環境全体で接続、構成、テストを行い、価値を実証できます。試用版のその他のオプションについては、フォームにご記入の上お問い合わせください。 

ダウンロードはこちら

ThingWorx Kepware Server demo download

PTC の最新情報

ThingWorx Kepware Server についてお問い合わせください

こちらのフォームに情報をご記入の上、送信してください。後ほど担当者がご質問にお答えするほか、製品デモを実施し、有用な情報をお伝えします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...