完全な IoT コネクティビティを体験

デバイス、アプリケーション、エンタープライズシステム全体で標準化されたコネクティビティレイヤーを確立し、貴重な産業データのパイプラインを一元化します。

産業 IoT の第一歩は産業用コネクティビティ

コネクティビティは、デジタルトランスフォーメーションを実現するための第一歩です。接続可能な機能が設備になければ、産業 IoT ソリューションを導入することもできません。しかし、複雑な製造環境やサービス環境下では、コネクティビティが解決不可能な課題として捉えられる場合もあります。

産業 IoT ソリューションプラットフォーム ThingWorx では、強力なコネクティビティ機能によってこの課題を解決します。ThingWorx では、標準化されたコネクティビティを簡単に確立できるため、 IT および OT システム全体の産業データにアクセスするための安全性に優れた単一の正しい情報源を構築できます。

 

万能の IoT コネクティビティは存在しない

産業用設備、製品、システムの多様性によって、コネクティビティの標準化が深刻な課題になる場合があります。工場の現場には無数のプロトコルや PLC が混在しており、以前から存在する大部分の重要な作業用機器は互いに接続されていないのが現状です。何世代もの顧客向け機器がすでに現場に配備されている製造業の各社にとっては、コネクティッドサービスの導入も困難になる場合があります。このような課題以外でも、デジタルトランスフォーメーションを進めるためには、OT データと、現場やサービストラックの外の IT システムを統合する必要があります。

単独のソリューションではコネクティビティの標準化には困難が伴うため、ThingWorx は統合型ツールのスイートを提供しており、それぞれが固有の産業 IoT のコネクティビティ要件に対応できるよう設計されています。

 

ThingWorx Kepware

ThingWorx Flow

ThingWorx Connection サービス

ThingWorx Kepware

150 種類以上のドライバーが用意された ThingWorx Kepware では、異なる種類の機器や設備が大量に混在する環境全体で、標準化された産業用コネクティビティを確立できます。

ThingWorx Flow

日常業務の効率化を目的に設計された ThingWorx Flow では、エンタープライズシステムやデバイスへの接続に要する時間やスキルを大幅に削減できます。ThingWorx Flow には、既成およびカスタムのエンタープライズシステム用コネクタが多数用意されています。

ThingWorx Connection サービス

安全性が高く簡単に展開できる埋め込み可能な通信機能を使用して、あらゆるネットワークトポロジや通信シナリオのセンサー、デバイス、機器を接続できます。Microsoft Azure などのエッジツークラウドアーキテクチャーに対応しています。

最高のプラットフォームでソリューションを構築するためには、ThingWorx 開発者ポータルにご参加ください

市場で最も総合力に優れた産業 IoT プラットフォームの体験をご希望の場合は、開発者ポータルへのご参加をおすすめします。ThingWorx 開発者ポータルには、チュートリアルやガイド、動画、ソフトウェアの試用版などが用意されています。最新のテクノロジーを詳細に評価する場合でも、独自のパイロットプロジェクトを構築する場合でも、ThingWorx 開発者ポータルには必要なリソースが揃っています。

PTC へのお問い合わせ

特定用途向けの産業 IoT プラットフォームを利用して、デジタルトランスフォーメーションプロジェクトを促進する方法について考察しましょう。


リクエストが送信されるまでお待ちください...