産業の変革には標準化されたコネクティビティが必要

プラントや工場は、サイロ化したマシンや機器が溢れたジャングルです。このように機能、プロトコル、データ形式が無数に混在するため、不可能ではなくとも、コネクティビティの確保が非現実的に見えてしまうことがあります。しかし、標準化された産業用コネクティビティレイヤーは、このようなサイロ化を解消し、効率を飛躍的に向上させることができます。標準化された産業用コネクティビティレイヤーがない場合、プラントや工場のマネージャーは、このような効果的な改善を実現するために不可欠なデータを得ることができません。

標準化された産業用コネクティビティの独自のメリット

多くのの作業現場と機械メーカーでは、場当たり的にカスタムの産業用コネクティビティが使用されています。しかし、標準化された産業用コネクティビティには、以下のような独自のメリットがあります。

サイロ化の解消

さまざまなプロトコルやメタデータの混在に伴う課題に対応し、データの収集と分析を改善します。

レガシー設備との接続

コネクティビティへの対応が想定されていない古い設備も含め、あらゆる機器のデータを接続、収集します。

複数のプラントにまたがる分析

複数のプラントや工場にまたがる設備およびパフォーマンスの分析を活かして、製造 KPI を改善します。

データを活かしてダウンタイムを短縮

ダウンタイムを防いで効率を向上させることができる役割ベースのリアルタイムデータを活かし、作業現場のチームを支援します。

産業用 OT コネクティビティのリーダーである ThingWorx Kepware Server の詳細はこちら

産業機器データのパイプラインを創出し、製品の信頼性とサービス品質、顧客承認を向上させるう上で、最適な業界トップクラスの産業用コネクティビティソリューションです。このソリューションをアナリストが推奨し、イノベーター企業が信頼している理由や、コネクティッドマシンの構築にとって最適である理由をご確認ください。

産業用コネクティビティのプランニングを開始

ご相談はこちら

こちらのフォームに情報をご記入の上、送信してください。後ほど担当者がご質問にお答えするほか、製品デモを実施し、有用な情報をお伝えします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...