産業用コネクティビティで製品の課題に対応

顧客は新しい機能や信頼性を求め、株主は成長を期待していますが、その一方で競合他社により利益は押し下げられています。機械メーカーは、産業 IoT を駆使してこのような課題に対応しています。しかし産業 IoT を活用するには、機械メーカー向けの産業用コネクティビティが欠かせません。標準化された既製の産業用コネクティビティを使用することでプロセスを高速化し、より価値の高い産業 IoT イノベーションに集中できるようになります。

標準化されたコネクティビティで製品価値を向上

カスタムのコネクティビティ構築は、機械メーカーにとって長い間選択肢の 1 つでしたが、多くの場合はコストが高く、特定のスキルを持った専任チームが必要になります。一方、接続機能を持つ機器を提供するためのプロセスを標準化することで、コスト面で大きなメリットがあり、さらなるメリットも期待できます。

すぐに導入可能

標準化されユビキタスなコネクティビティを導入し、エンジニアは価値の高い設計/構築やイノベーションに注力できるようになります。

顧客の稼働時間を確保

連続的なコネクティビティを確保して、セキュリティ上の脅威を防ぎ、顧客のダウンタイムが生じる可能性を最小化します。

顧客の要求に対応

産業 IoT 主導のデジタルトランスフォーメーションなど、コネクティビティを基盤とした変化し続ける顧客要件に継続的に対応します。

持続的な価値

カスタム開発のコストを、信頼性が高く永続的にサポートされるコネクティビティに変換します。

産業用コネクティビティで価値主導のユースケースを活用

既製のソリューションで、機械メーカーは即座に産業用コネクティビティを使用できます。しかし機械メーカーは価値の高い産業 IoT 主導のユースケースを可能にするため、先を見越してコネクティビティの活用を想定しておく必要があります。

産業 OT コネクティビティのリーダーである Kepware 社の詳細はこちら

Kepware 社は、業界トップクラスの産業用コネクティビティを提供します。Kepware 社は、産業機器データのパイプラインを創出し、製品の信頼性とサービス品質、顧客承認の向上を支援します。このソリューションをアナリストが推奨、イノベーター企業が信頼している理由や、コネクティッドマシンの構築にとって最適である理由をご確認ください。

産業用コネクティビティのプランニングを開始

ご相談はこちら

こちらのフォームに情報をご記入の上、送信してください。後ほど担当者がご質問にお答えするほか、製品デモを実施し、有用な情報をお伝えします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...