標準化された産業用コネクティビティの独自のメリット

多くの作業現場と機械メーカーでは、場当たり的にカスタムの産業用コネクティビティが使用されています。しかし、標準化された産業用コネクティビティには、以下のような独自のメリットがあります。

ユニバーサルなコネクティビティ

プロトコル変換により、経年やメーカーに関わらずデバイスへの接続が可能になり、信頼できる機器を交換する必要がなくなります。

データの可視性を最大化

コネクティビティを設備全体に拡大し、従来はアクセスできなかったデータを活かして、価値ある分析結果や知見を得ることができます。

価値創出までの時間を短縮

時間を要するカスタムのコネクティビティを、迅速に実装し時間をかけて価値を生み出すコネクティビティレイヤーで置き換えることができます。

安全性と信頼性

新しいデバイスや今後のイノベーション、急速に増加する需要に対応し、その一方でセキュリティ上の脅威やコストを要するダウンタイムを防ぐことができます。

製造施設の接続

継続的なオペレーション改善が目標の場合は、標準化された産業用コネクティビティが非常に重要です。設備のパフォーマンスや状態に関する包括的なリアルタイム データにフル アクセスできない場合、測定データや分析、改善プランを信頼することはできません。

コネクティビティを活かして効率向上

コネクティビティを活かし、データ主体のオペレーション改善能力を向上させる方法をご紹介します。
コネクティビティによって製品のイノベーションと価値を促進する方法をご紹介します。

機械メーカー向けのコネクティビティ

イノベーションが求められる一方で、コスト削減の必要性も増加しています。標準化されたコネクティビティはこの両方に対応します。接続機能を持つマシンによって競争の激しい市場でも強みを発揮できるほか、標準化された既製のコネクティビティによって障害とコストを最小限に抑えることができます。すぐに導入可能な信頼性の高いコネクティビティにより、エンジニアが価値の高いイノベーションに集中することも可能です。

コネクティビティを活かしてイノベーションを促進

産業用コネクティビティのリーダーである ThingWorx Kepware Server の詳細はこちら

PTC は、標準化された産業用コネクティビティレイヤーを実現する業界トップクラスのソリューションを開発し、お客様のすべてのアプリケーションに対応する産業用オートメーションデータの一元的なソースを提供します。このソリューションをアナリストが推奨しイノベーター企業の信頼を得ている理由や、産業系技術者にとって最適なツールである理由をご確認ください。

産業用コネクティビティのプランニングを開始

ご相談はこちら

こちらのフォームに情報をご記入の上、送信してください。後ほど担当者がご質問にお答えするほか、製品デモを実施し、有用な情報をお伝えします。



リクエストが送信されるまでお待ちください...