マルチ CAD 環境での設計

Creo の新機能

新たなテクノロジーが製品設計の世界を変えています。Creo には、付加製造、IoT、モデルベースの定義 (MBD)、拡張現実 (AR) の画期的な機能が搭載されています。デジタルの設計と物理的な製品を結合し、より迅速かつスマートに設計できます。

Creo で創造、設計、イノベーション。


Creo Simulation Live を今すぐ試す

詳細

マルチ CAD 環境での設計

単一の種類だけで構成された CAD 環境で作業することが許される企業は、今ではほとんどありません。企業は、ファイアウォール内だけでも平均 2.7 種類の CAD システムを使用しています。しかしファイアウォールの外には、満足させなければならない顧客、対応しなければならないサプライ チェーン、古い設計が格納されたレガシー システムが存在します。ここに大きな問題があります。それは、それぞれの使用するシステムが異なることです。そして、システムが異なると非効率性や冗長性が生じます。データを再作成する必要や、変換に関する問題が生じて、設計意図が損なわれる確率が高まります。

PTC による調査 - 調査結果を読む

複数のシステムを使用するのは避けられないことのように思えるかもしれません。恐らく、あなたの会社の製品設計サプライ チェーンの少なくとも一部のメンバーは、推奨されているシステムとは異なるフォーマットでファイルを作成しているのではないでしょうか。それにより製品開発者にどのような影響があるかと言うと、サプライ チェーンのパートナーやベンダーとの間でモデルを交換し、修正または再作成する際に時間が費やされ、エラーが発生する状況が生じます。

複数のシステムを使用するのは避けられないことのように思えるかもしれません。恐らく、あなたの会社の製品設計サプライ チェーンの少なくとも一部のメンバーは、推奨されているシステムとは異なるフォーマットでファイルを作成しているのではないでしょうか。それにより製品開発者にどのような影響があるかと言うと、サプライ チェーンのパートナーやベンダーとの間でモデルを交換し、修正または再作成する際に時間が費やされ、エラーが発生する状況が生じます。

しかし、よい知らせがあります。:Creoマルチ CAD 環境.で威力を発揮します。設計コラボレーションの強化や社内の CAD アプリケーションの統合を検討されている場合、Creo は理想的な設計ソフトウェアのスイートです。設計者は、ほかのシステムで作成した 3D モデルを開き、ジオメトリを直接編集できます。Creo は、組織内に複数のフォーマットが存在する原因となっている 2D や 3D などのレガシー システムの社内統合をサポートします。

さらによい知らせとして、 Creo のすべてのライセンスで拡張現実 (AR) 機能を利用できます。これにより、誰でも現実の背景上で実寸大の製品を確認できます。CAD ソフトウェアのライセンスは必要ありません。受け手に必要なのは、携帯電話やタブレットなどのモバイル デバイスだけです。代替設計を検討する際には、CAD モデルに変更を加えてから、「パブリッシング」をクリックしてチームをレビューに招待しましょう。AR を使えば、さらに容易に、迅速で有意義なコラボレーションが実現します。

Creo Unite テクノロジー

さまざまな3D CAD ソフトウェア システムで作成されたモデルのインポートや修復に時間を奪われているのであれば、Creo が役に立ちます。つまり、Unite テクノロジーにより、このような "ほかの" ファイルを簡単に開くことができます。

「以前なら、このようなプロジェクトには 1 年半から 2 年はかかっていたでしょう。ところが PTC 製品は、開発全体を通して時間を節約してくれました」とセイヤーズ氏は続けます。「購買チームでも、部品を探すのにかかる時間を、 で劇的に短縮できました」Windchill.”

実際、PTC のシステムを利用した Aston Martin Racing 社では、自社の目標を超えるレース カーを生み出すことができたとセイヤー氏は言います。「たとえば Vantage GT3 は、当社が設定したすべての目標を超えました。先代のレース カーと一線を画すパワフルなレース カーです。GTE は世界最高の GT カーの 1 つと目されており、昨年はル マン 24 時間レースと世界耐久選手権の両方でクラス制覇を成し遂げました」

Unite テクノロジー

Creo の Unite テクノロジーは、マルチ CAD 環境における生産性を改善する画期的な機能をもたらします。CAD システムとユーザーを効率的に統合し、システム間の効果的なコラボレーションを実現します。

CAD を接続

担当へ問い合わせる

Creo の詳細情報に関心をお持ちの場合は、弊社のサポート担当者までお問い合わせください。Creo Parametric が備えるすべての 3D CAD 機能についてご説明します。

サポート

CAD の情報を SNS でチェック

CAD イベント
ライブとオンデマンドの Web キャストを含め、注目度の高い製品や技術のトレンドに関する CAD イベントをチェックしましょう。


CAD ブログ
最新の業界動向や、CAD のヒントやテクニックに関する記事をチェックできます。


CAD コミュニティー
PTC のフォーラムの Creo コミュニティに参加すると、ほかの CAD 専門家たちからアイデアをもらったり、サポートを受けることができます。