Creo Simulate



製品に対する実際の応力をシミュレート

御社の顧客は、製品が本来の機能を本来の耐用期間ずっと発揮することを望んでいます。プロトタイプに大きなミスがあると、それまでに費やした時間と予算がすべて無駄になってしまいます。

Creo Simulate は、構造解析、熱解析、振動解析を行うためのソリューションです。有限要素解析 (FEA) に必要なすべての機能が備わっているので、最初の部品を製造する前に、3D 仮想プロトタイプのパフォーマンスを分析、検証できます。

デジタル プロトタイプへの応力を事前に検証することで、設計者のストレスが軽減されます。Creo Simulate は、どのような設計者でも基本的なシミュレーションを実行できるように設計されています。

Creo Parametric でモデリングした後、画面上のタブをクリックして Creo Simulate に切り替え、荷重、材料、境界などの条件を設計ジオメトリに適用します。必要な操作はこれだけです。さらに、結果がすぐに表示されるので、必要に応じてその場でモデルを調整し、パフォーマンスを改善することができます。

綿密に調整した製品設計を解析部門へ渡せるので、作業効率がアップすると共に、コストがかかる後工程での変更も減少します。Creo Simulate は、スタンドアロン アプリケーションとしても、Creo Parametric の拡張機能としてもご利用いただけます。 

Creo Simulate の主な機能:

  • 構造解析
  • 線形定常熱伝導解析
  • 材料ライブラリ
  • メッシュ
  • 最適化
  • 後処理

さらに高度な機能を備えたソリューションもあります。Creo Simulate の拡張機能である Creo Advanced Simulation Extension では、非線形応力の影響を検証できます。Creo Fatigue Advisor Extension を使用すれば、設計に対する繰り返し荷重および再装填の影響を測定できます。

ダウンロード

Creo Simulation のパンフレット

Creo Simulate のデータシート

Creo Advanced Simulation Extension のデータシート

Creo Fatigue Advisor Extension のデータシート




企業が PTC の CAD ソフトウェア スイートを利用し、どのようにして最大限の優位性を獲得しているのかを解説します。

KTM (モータースポーツ)
College Park (義肢)
東京大学 (人工心臓)
Aston Martin
Aristides のギター

PTC コミュニティ
ほかの Creo ユーザーとコンピュータ支援設計に関する情報を交換できます


イベント
イベント


CAD ソフトウェアに関するブログ
設計エンジニア向けの 3D CAD ソフトウェアに関する情報