拡張現実 (AR)

プレミアムアーツ、PTC が、 変電所の保守の一部に ARを活用する検証を実施

 

  • 2021年6月15日

chubu_electric_power_ja

安全と信頼性の確保に向けて PTC の空間コンピューティング機能を備えた最先端技術を検証 

株式会社プレミアムアーツ(代表取締役:山路 和紀/以下プレミアムアーツ)とPTC ジャパン株式会社(代表取締役:桑原 宏昭/以下、PTC)は、中部電力株式会社と拡張現実 (AR) を活用した設備操作に対する安全と信頼性の確保に向けた検証を行いました。

昨今、人口減少に伴う労働力の減少や高齢化に伴う次世代への確実な技術の継承などの課題に対応するためにデジタルソリューションの推進に注目が集まっています。電力業界においては、発電所や変電所などの電力設備の操作に対する安全と信頼性の確保が求められ、デジタル技術に対する期待は高まっています。

プレミアムアーツと PTC は、両社が保有する AR(以下、本 AR)の技術を用いた電力設備の操作支援に関する検証を中部電力株式会社の送配電事業会社である中部電力パワーグリッド株式会社の変電所で実施しました。検証では本 AR の表示精度や設備間の移動に対する操作者誘導機能の精度の確認を目的として、実操作を元に作成した操作手順を事前に読み込ませて AR として iPad へ表示することにより、操作対象ボタンの明示、手順どおりの操作対象表示および対象設備への確実なルート表示を確認しました。検証の結果、本 AR を活用した操作支援が電力設備の操作に対する安全と信頼性の確保に寄与できる可能性があると評価しました。

本 AR は、PTC の AR 開発プラットフォームである Vuforia Engine™  に、空間コンピューティングの機能を採用した市場初の技術である Vuforia Engine&trade Area Targets を活用しました。Vuforia EngineArea Targets は、変電所の施設内の高精度な 360 度デジタルデータを構築し、施設内のあらゆる空間上で 指定箇所を正確に認識できる AR コンテンツの作成を可能にします。AR/VR のソリューション開発のエキスパートであるプレミアムアーツが、設備の場所、位置、操作手順をもとに AR コンテンツを作成し、現場のスキャンデータに重ね合わせることで、空間コンピューティングの技術を生かした本 AR による電力設備の操作支援の拡充を目指していきます。

Vuforia Engine Area Targets で作成した AR データの作業手順を確認することで、施設内の装置の設置位置、利用環境を十分に把握しながら、保全が必要な変圧器や制御機器などの細かく複雑なオペレーションや点検作業を正確に行えます。また、デジタル化された AR データは、紙のマニュアルのように劣化させずに保管でき、タブレット上のデータを一つ一つ追うことで、操作者の習熟度によって偏りが生じることなく、信頼性の高い操作体制を提供できます。

株式会社プレミアムアーツ 代表取締役 山路 和紀は次のように述べています。 「今回の取り組みは、AR グラス内に、PDF を表示するような簡易的な AR の仕組みではありません。AR によってユーザーを、部屋の入り口から操作盤位置まで誘導し、また操作盤の前では、操作するべきボタンなどの指示を、現実のボタンの上に表示します。AR によって動的にユーザーを誘導し、また適正な位置での指示を視覚的に教示するため、1人で操作をする際にもミスなく操作を実施できます。複数のARシナリオを自動的に生成する仕組みも準備しており、将来は機器メンテナンスのあらゆる局面に利用できる仕組みになるはずです。今後も更なる精度の向上、IoT 連携を推進し、社会インフラの保守基盤システムとして、機能強化して参ります。またPTC社の Vuforia テクノロジーの進化をいち早くシステム化するとともに、グローバルなツール開発を目指します。」

また、 PTCジャパン株式会社 代表取締役の桑原 宏昭は次のように述べています。 「電力供給を支える設備操作は、保全員の安全と共に正確なオペレーションが要求されます。 変電所内の保守支援に PTC の技術を活用できる可能性を示すことができ、大変大きな意義を感じています。今後も、お客様の業務効率を向上させ、信頼性と安全性の高いデジタルトランスフォーメーションの基盤づくりに貢献していきたいと思います。」

PTC ジャパン株式会社について

米 PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、IoT アプリケーション開発プラットフォーム、拡張現実 (AR) オーサリングソリューションの各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理の Windchill、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoT アプリケーション開発プラットフォームの ThingWorx、拡張現実 (AR) オーサリングソリューションのVuforia、産業用接続プラットフォームの Kepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。 1992 年 3 月設立。国内 4 事業拠点。Web サイト:https://www.ptc.com/ja 

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio 
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc 
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inchttps://www.facebook.com/PTC.JPN

株式会社プレミアムアーツについて

AR(拡張現実)、MR(複合現実)、VR(仮想現実)といった、コンピュータによる可視化の技術と3DCG データを活用し、社会の課題を解決すべくシステムやコンテンツ開発を行って提供することを事業としている。最新のIT 技術も駆使し、高品質な3DCG グラフィックの活用、解析ツールなどとの連携なども行うなど、常に新しいAR/VR システム・コンテンツ開発を行っている。

代表者氏名:山路和紀
所在地:東京都港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRop1208
設立:2015 年7 月7 日
資本金等:4235 万円
URL: https://www.premiumartsinc.com/


報道関係者お問い合わせ先
株式会社プレミアムアーツ
管理部
竹矢 いずみ
TEL:03-6402-5252 *月~金:11:00~18:00
E-mail:info@premiumartsinc.com

報道関係者お問い合わせ先
PTC ジャパン株式会社
広報室
中村 由美子
TEL: 03-3346-2584 070-4374-7309
E-mail: ynakamura@ptc.com