PTCとインフォシス、協業により AI/ARを活用した IoT ソリューションの提供を本格的に開始

本ソリューションの活用により、あらゆる業界において業務効率化を実現

次世代デジタル・サービスおよびコンサルティングにおけるグローバル・リーダー企業であるインフォシスリミテッドの日本支店(東京都港区、日本代表:大西 俊介、以下インフォシス)と、PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭、以下PTC)は、本日、次世代IoTソリューションの提供を開始すると発表しました。インフォシスのナレッジ主導型人工知能(AI)プラットフォーム「Infosys Nia」と、PTCIoTプラットフォーム「ThingWorx® 」とAR プラットフォーム「Vuforia® StudioTM」に基づいた本ソリューションは、お客様のデジタルトランスフォーメーションを促進し、資産の効率化、製品の品質向上、業務改善を実現します。

IoTにより製造現場や生産プロセスのデータを収集することで、現場の情報をデジタルで見える化できます。また収集したデータをAIで分析することで、製造における最適な時期や品質、量を事前に予測し、業務を最適化することができます。さらにIoT AIで収集・分析した情報は、ウェアラブルグラスを活用したARによる視覚化で作業員の作業を効率化します。

物理世界にデジタルな情報を付加することで、人材育成・トレーニングに活かし、作業員の匠の技を継承し、物理世界とデジタル世界の融合を図り、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援します。

インフォシスとPTC は本協業を通じ、製造業界をはじめ、自動車、ハイテク、エネルギー、建設、小売、流通・物流、倉庫、ヘルスケア、スマートシティなど幅広い業界・分野に対して、AIを活用したIoTソリューションの導入をすすめ、3年間で50件以上のプロジェクトを獲得することを目指します。

Infosys Niaについて
インフォシスが開発したナレッジベースの統合AIプラットフォーム「Infosys Nia」はオープンソースによるAutomation, Predictive, Cognitiveといった3つのコンポーネントから成り立ちます。企業の収益予測や開発すべき新製品予測、顧客行動の分析等を自動的に行うことで業務の効率化を図ることができる他、契約書や法的文書の理解、コンプライアンス、不正行為の把握といった様々なビジネス課題に適用させることも可能です。AutomationコンポーネントはRPAを活用しビジネスプロセスを再定義します。Predictiveコンポネントは分析に基づく現状課題の把握し、ビジネスプロセスを改善し問題発生を予知します。そしてCognitiveコンポーネントは知識・経験に基づき自ら理解・推論・学習をすることで改善策を提案致します。

インフォシスリミテッドについて
インフォシスは、次世代デジタル・サービスおよびコンサルティングのグローバル・リーダーです。当社は 45 ヵ国の顧客の デジタル変革を実現しています。過去 30 年間グローバル企業のシステムや業務を管理してきた経験に基づき、お客 様のデジタル変革に専門的な支援を提供します。AI による変更実行の優先順位化、アジャイル・デジタルによるビジネス強化、優れたサービス提供により、お客様に高い評価をいただいています。当社イノベーション・エコシステムのデジタル・スキル、専門知識、アイディアを活用して継続的な改善を実現しています。 www.infosys.com をご覧になり、インフォシス(NYSE: INFY)がどのように企業のデジタル変革を支援しているかご確 認ください。

インフォシスリミテッドジャパンについて
1997
年に東京オフィスを、その後名古屋と大阪にも事務所を開設。現在 350 名の従業員を擁する。 日本における代表者: 大西俊介 (バイスプレジデント - 日本代表) 106-0032 東京都港区六本木1-6-3泉ガーデンウイング http://www.infosys.com/jp/japan

PTCジャパンについて

PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える MathcadIoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforiaといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。

19923月設立。国内4事業拠点。Webサイトhttp://www.ptc.com/ja

セーフハーバー条項
本リリースの記載には、当社の将来のビジネス機会および成長見込みなど、1995 年私募証券訴訟改革法の「セーフ ハーバー」条項に規定される「将来予想に関する記述」が含まれます。かかる将来予測に関する記述には、多くのリス クや不確定要素が介在しているため、実績と大きく異なる場合があります。このようなリスクおよび不確定要素としては、 収益や外国為替相場の変動、当社の成長管理能力、費用効率に影響する可能性のある IT サービス分野における競争の激化、インドにおける人件費の高騰、高い技能をもつ専門的な人材を確保する当社の能力、顧客の集中 化、出入国制限、業界セグメントの集中化、国際業務を管理する当社の能力、当社の主力分野であるテクノロジーの需要低下、通信ネットワークの崩壊あるいはシステムの故障、企業買収を成功させる当社の能力、当社サービス 契約に対する損害賠償責任、戦略投資した企業の業績、政府援助の打ち切り、政治不安および地域紛争、インド国外での増資・企業買収に対する法的制限、当社知的所有権の不正使用、この業界に影響を与える経済情勢 などが考えられます。実績との大幅な乖離を生み出すと考えられるその他リスクについては、2018 年会計年度(2019 3 31 日付)年次報告書(Form 20-F)を含め、米国証券取引委員会へ提出された当社報告書に詳細に記載されています。これらの報告書は、www.sec.gov でご覧いただけます。なお、本リリースに記載された将来の展望は、 リリース日時点において妥当と思われる想定に基づいています。当社は、法律により義務付けられている場合を除き、 随時発表する将来の展望について更新する義務を負わないものとします。

報道関係者お問い合わせ先

インフォシスリミテッド
マーケティング本部 本部長 安藤

E-mail: jo_ando@infosys.com

電話: (代表) 03-5545-3251 (直通)03-5545-3257

PTCジャパン株式会社

マーケティング本部 本部長 野中
野中 沙織

E-mail: snonaka@ptc.com

TEL: 03-3346-2365