PTCジャパン、「第30回設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展

 ~次期バージョンの Creo 6.0 のプレビュー~



PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭:以下 PTCは、26日(水)~28日(金)に開催される、第30回設計・製造ソリューション展(DMS)に出展いたします。本イベントにおいて、PTCは「新しい設計のあり方」をテーマに、3D CAD 製品の最新版である Creo® 5.0 および Vuforia® StudioTM を展示いたします。また、次期バージョンである Creo 6.0 の一部機能を展示します。Creo 6.0  は今回の DMS での展示が初公開となります。

製造業におけるデジタルとフィジカルの融合が進む昨今、設計の領域における仕事の変革が起きており、いかに製品設計・製造の効率化ならびに高品質化を進めるかに注目が集まっています。今回 PTC は、目まぐるしく変化する製造業を取り巻く環境に対応するジェネレーティブ・デザインやリアルタイム解析をはじめとする新たな機能を備えた、新しい時代の設計・製造ソリューションを提供しています。

Creo 展示

昨年の ANSYS とのパートナーシップおよび Frustum の買収により、新たな技術が搭載される、Creo シリーズを展示します。本展示ではジェネレーティブ・デザインによる PTC の考える新たな設計ビジョンをご紹介。また、Creo Simulation Live が実現する超速シミュレーションをデモにてご紹介します。Creo が提案する新たな領域に突入する設計業務をご覧いただけます。

AR 展示

Creo Illustrate Vuforia Studioを活用した、3D モデルからの AR の作成および AR の設計・製造への活用をご紹介します。いよいよ設計・製造現場での AR 活用が本格的に進んできており、PTC は様々な場面における AR の活用をご提案しています。

 

<「 30 回設計・製造ソリューション展」出展概要>

日時: 26日(水)~28日(金)10:00 - 18:00(最終日のみ 1700 終了)

場所: 東京ビッグサイト

主催: リードエグジビションジャパン

PTCブース:西 9-1

 

ミニステージ:

  • 正しい 3D 設計とは?
  • 簡単!パワフル! Creo Elements/Direct
  • PTCの考える設計の将来像
  • Creo 6.0 テクニカルアップデート
  • 3D 正運用ことはじめ
  • 今すぐ始めるAR

PTCジャパンについて

PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える MathcadIoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforiaといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。

19923月設立。国内4事業拠点。Webサイトhttp://www.ptc-jp.com

PTCの社名、ロゴマーク、CreoVuforiaおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

報道関係者お問い合わせ先

PTCジャパン株式会社

PR ネージャー

野中 沙織

TEL: 03-3346-2365

E-mail: snonaka@ptc.com

Website: https://www.ptc.com