エレクトロニクスおよびハイテク業界における拡張現実

工場やフィールドサービスから営業およびマーケティングに至るまで、Vuforia 拡張現実ソリューションは、エレクトロニクスおよびハイテク業界に大きなビジネスインパクトをもたらしています。

エレクトロニクスおよびハイテク業界における拡張現実ソリューション

エレクトロニクスおよびハイテク業界のリーディング企業が、スピーディーなイノベーション、製品の広範なカスタマイズ、オペレーションのグローバル化に対処するうえで欠かせないのは、従業員と製品の高い質を維持することです。テクノロジーの進歩とともに、製造設備はますます複雑になり、その運用とメンテナンスもより複雑になっています。稼動時間は重要な要件はありますが、作業指示の不備や不十分なトレーニングが原因で稼動が停止することもあります。そうした場合、大きな代償を伴うミスが生じ、復旧作業に多くの時間を要することになります。

Vuforia AR ソリューションを利用すれば、各分野のエキスパートが、現場の状況に合わせた情報を提供することで、保守作業を支援するスケーラブルなAR コンテンツを提供できるようになります。ハイテク製品の製造やサービス提供を行う企業にとっては、革新的なAR テクノロジーを導入することで、業務の最適化やダウンタイムやスクラップを削減が可能となります。

富士通のケース スタディ

富士通は、営業チームが顧客の環境で行う仮想製品の 3D デモのために、Vuforia Studio で魅力的な AR 体験を構築しました。同社がコスト削減、営業サイクルの短縮、顧客満足度の向上をどのように実現させたか、詳細をご確認ください。

オペレーショナル エクセレンスの実現

サービス管理に秀でた企業には、ある共通点があります。拡張現実に積極的に投資していることです。こちらの Web キャストで、エレクトロニクスおよびハイテクなどの多くの業界が抱えているサービスの課題に対処するために、AR が最適なソリューションとなる理由をご確認ください。

IDC が AR のビジネス価値について考察

拡張現実は、将来利用することになるテクノロジーではありません。今現在利用可能なテクノロジーであり、製造やサービス現場において、実用的なユースケースを数多く生み出し続けています。このIDC レポートで、AR テクノロジーの最も利用されているユースケースが、エレクトロニクスおよびハイテク業界にどのようなメリットをもたらしているのかをお確かめください。

AR 導入における次のステップに向けて、ぜひお問い合わせください。

業界のトップ企業が既にそうしているように、貴社も拡張現実(AR) を活用して市場の定義を塗り替えませんか。PTC がAR 導入をお手伝いします。