海軍システム

駆逐艦、フリゲート、ホバークラフト、潜水艦、航空母艦のためのライフサイクル ソリューション

世界の海軍システムの進歩

世界の海軍システム ビジネス全体で、変化の風が吹き荒れています。しかもその速度は息をのむほどです。米国では 2024 年までにフォード級航空母艦 5 隻のうち最初の 2 隻の運航が開始される予定です。その予測耐用年数少なくとも 50 年と言われています。この背景にあるのは、船舶の近代化に対する米国海軍の取り組みと、戦域での IoT の導入 (いわゆる "モノの海") です。

一方で、英国政府は、EU 離脱に向けた中で、自国の海軍の近代化にかかるコストを船舶の輸出により相殺しようとしています。こうしたコスト削減への意識の高まりは外交努力にもつながり、2018 年 6 月、オーストラリア海軍は BAE の 26 型フリゲート プラットフォームを 260 億ドルで建造することを決定しました。 

カナダでは、ハリファックス級フリゲートとイロクォイ級ミサイル駆逐艦の後継となる戦艦を国王が許可する準備を進めています。Canadian Surface Combatant (CSC) プログラムには 3 つの競合チームが参加し、イギリスの BAE が設計する 26 型、スペインの Navantia が設計する F-100 クリストファー コロンブス級、オランダの設計によるデ ゼーヴェン プロヴィンシェン級フリゲートに絞り込まれました。このプログラムでは、500 億ドルもの支出が見込まれています。   

 

naval systems base

海軍システム:ビジネス上の課題と確認すべきポイント

予算の範囲内でミッションを成功させることが、航空宇宙および防衛の業界関係者と政府関係者の両方にとって大きなビジネス上の課題となっています。PTC には、海軍システム セクターがリスクを低減する一方で現在を過去につなげるための、システム全体に関するインサイト、実証済みのテクノロジ、およびベスト プラクティスがあります。海軍システムに関してビジネス上の課題が発生した場合に確認すべきポイントについてご確認ください。PTC の航空宇宙および防衛業界のエキスパートが、さまざまなソリューションをご用意しています。

 

今すぐ読む

"船舶を 3D で視覚化する機能は、製品ライフサイクル全体の全関係者にとって、詳細なレベルまで情報を把握するための鍵となります。変更管理の導入前は、変更によって製品開発プロセスの別の部分に及ぶ影響を把握するのが困難でした。Windchill があれば、Digital Shipyard を実現するための新しいテクノロジと手順を導入するための確固たる基盤を築くことができます。"
アルフォンソ・オルモス・マリン (Alfonso Olmos Marin) 氏、Navantia、エンジニアリング システムズ マネージャ

PTC には、海軍システム セクターがリスクを低減する一方で現在を過去につなげるための、システム全体に関するインサイト、実証済みのテクノロジ、ベスト プラクティスがあります。

業界のリーダー企業が航空宇宙および防衛分野での PTC の経験と実績を信頼

製品の設計、製造、維持を最適化する方法について詳しくお知りになりたいなら、PTC とその航空宇宙および防衛業界のエキスパート チームに今すぐお問い合わせください。