ThingWorx のモデリングの原則

各社のユース ケースに合わせて ThingWorx モデルを設計するためのベスト プラクティスを習得し、推奨事項を確認

double-dash

「ThingWorx のモデリングの原則」では、お客様のプロジェクト用の Thing モデルを作成する際のベスト プラクティスを学びます。ThingWorx エキスパートと集中した時間を過ごすことで、適切な情報を適切なタイミングでデバイスから取得できるようになります。

サービス内容

本サービスは、12 時間で、以下の作業を実施します。

  1. お客様の現在の検証済みユース ケースの確認
  2. Thing モデリングのベストプラクティスの確認
  3. PTC のエキスパートによる、Thing モデルの最適な作成方法に関するガイダンス

前提条件

このサービスを利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • このサービスを利用する前に、検証済みのユース ケースを 1 つ特定しておくこと。
  • IoT と ThingWorx に関する入門レベルのトレーニングを完了していること
  • ユース ケースの関連ドキュメントすべてを提供すること
  • お客様の ThingWorx アプリケーションで使用しているデバイスまたはシステムについて理解していること

その他の情報

成果: Axeda の主要な機能を維持する一方で、将来の ThingWorx Platform の活用方法も踏まえながら、Axeda から ThingWorx に移行するための推奨ステップを使って詳細なプランを作成する。

分野:IoT

オンプレミス、または、クラウド:両方

リモート、または、オンサイト:オンサイト

サクセス ポイント*:NA は 5 ポイント、オンサイトはさらに 3 ポイント

*ご注意ください:サクセス ポイント数などの情報は、地域によって異なる場合があります。ここに示されているサクセス ポイント数は参照用であり、北米の状況に基づくものです。お客様の地域でのサービスとポイント数については、担当のサクセス マネージャまでお問い合わせください。その他の詳細については、条件を参照してください。