ThingWorx Navigate ユース ケースの特定

特定したビジネス ユース ケースそれぞれに合致する ThingWorx Navigate シナリオのリストが手に入ります。

double-dash

このサービスで PTC は、お客様独自の ThingWorx Navigate ユース ケースの特定を支援します。このために、お客様の環境内でのユース ケースの定義および開発の方法について説明し、ThingWorx Navigate ソリューション導入のユース ケースの役割を提示し、ユース ケースのためのベストプラクティスの推奨事項を提供します。

サービス内容

本 Rapid Outcome は、1 日で、以下作業を実施します。

  1. PTC のエキスパートとお客様のチームが現在の PLM 戦略と Windchill 環境を確認し、PLM の成熟度、ユーザー プロファイル、サードパーティ統合を把握します。
  2. その後 PTC のエキスパートが、ビジネス目標と問題点の特定、ユース ケースの特定、適切なシナリオへのユース ケースのマッチングに役立つベスト プラクティス ワークショップを実施します。
  3. トピックを再確認し、推奨事項を文書で提示するための最終プレゼンテーションが行われます。

前提条件

このサービスを利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • ThingWorx Navigate のライセンスを所有しているか、またはライセンスを取得中である。
  • 有効な Windchill が配置されているか、またはそうしたシステムを実装中である。

その他の情報

成果: 特定したビジネス ユース ケースそれぞれに合致する ThingWorx Navigate シナリオのリストが手に入ります。

分野: デジタル エンジニアリング

オンプレミス、または、クラウド: 両方

リモート、または、オンサイト: リモート

サクセス ポイント*: 5

* ご注意ください: サクセス ポイント数などの情報は、地域によって異なる場合があります。ここに示されているサクセス ポイント数は参照用であり、北米の状況に基づくものです。お客様の地域でのサービスとポイント数については、担当のサクセス マネージャまでお問い合わせください。その他の詳細については、条件を参照してください。