ThingWorx Analytics による予測モデルの開発

製造業に対応した予測分析データモデルと対応するマッシュアップを開発し、これを ThingWorx 環境に組み込むことで運用に関する分析データを手に入れる

double-dash

本サービスでは、PTC のデータサイエンティストがお客様と連携して予測分析モデルを構築します。データサイエンティストは、ユースケースの定義、お客様が分析に対応したファイルを作成する際に適したデータおよび形式に関するアドバイスの提供、機能エンジニアリングの実行、ThingWorx Analytics へのデータの読み込み、モデルの構築と評価、最終的な「チャンピオン」モデルの判断、予測の結果を視覚化するためのマッシュアップ画面設定を担当します。

サービス内容

本サービスの期間は 8 週間です。以下の作業を実施します。

  • ユースケースの協議 – PTCデータサイエンティストが業務上の課題、評価対象となるユースケースの協議を主導します。作業用のデータについても協議します。
  • データのレビュー - PTC のデータサイエンティストが分析に対応したデータファイルをプロファイリングし、ThingWorx Analytics に読み込めるように準備します
  • 機能設計 – PTCのデータサイエンティストが生データファイルに予測性能に役立つフィールドを追加するなど、データ設計をお客様の専門担当者(SME)と協業して行います。
  • モデリング - PTC のデータサイエンティストがデータを ThingWorx Analytics に読み込み、モデルを構築します。
  • モデルの評価 - PTC のデータサイエンティストがデータモデルの結果を評価し、お客様の SME と協力してユースケースに最適なモデルを判断します。
  • ビジュアリゼーション-PTCコンサルタントが本稼働環境に実装可能なThingWorx予測保全マッシュアップを設定し、予測データをストリーミングデータに適用します。

前提条件

このサービスを利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 分析のユースケースの特定
  • ユースケースの評価に十分なデータの準備
  • 分析に対応したデータ(Excel ファイル形式)の準備
  • アセットを接続するためのThingWorxの導入と、接続性とビジュアリゼーションの確立

その他の情報

成果:製造に対応した予測分析データモデルと対応する画面を開発し、これを ThingWorx 環境に組み込むことで運用に関する分析データを取得

分野:IoT

リモートもしくはオンサイト:両方

サクセスポイント*:北米は 100 ポイント、オンサイトはさらに 8 ポイント

*ご注意ください:サクセスポイント数などの情報は、地域によって異なる場合があります。ここに示されているサクセスポイント数は参照用であり、北米の状況に基づくものです。お客様の地域でのサービスとポイント数については、担当のサクセスマネージャーまでお問い合わせください。その他の詳細については、条件を参照してください。