課題

Heidelberg 社では、印刷所の稼働時間と生産性を高める印刷機を提供する一方で、サービスコストを削減する必要がありました。

世界中のどこを探しても、Heidelberger Druckmaschinen 社(英語名は Heidelberg 社)ほど、商業印刷業界と運命を共にしている企業はおそらくないでしょう。同社は世界最大の印刷機メーカーであり、その市場シェアは実に世界市場の約半分を占めています。

Heidelberg 社は 15 年以上かけて製品、組織、ビジネスモデルを変革し、スマートサービスにより顧客に価値を提供するようになりました。この取り組みは、スマート・コネクティッド・サービスが印刷機の稼働時間と生産性を向上させることで、印刷機ビジネスに革命をもたらす可能性があるというビジョンに基づいています。稼動時間を増やし、印刷業務の管理に役立つ情報を提供するスマートサービスの実現に注力する Heidelberg 社は、印刷機ビジネスの分野でリーダーとしての地位を保ちシェアを今後も拡大していきます。