課題

e.GO 社が、柔軟なオーナーシップとグローバルフランチャイズビジネスモデルで電気自動車市場に参入するには、設計、製造から販売、サービスに至るまで、製品のライフサイクル全体をよく検討し、アプローチの維持に必要な技術を初めから組み込む必要がありました。

ドイツの電気自動車メーカーである e.GO 社は、未来の輸送に対する革新的なビジョンを持っています。それは、現代の顧客、市場、現場のニーズを満たす低コストの電気自動車の開発です。

 

e.GO 社、技術優先のディスラプティブなアプローチでクローズドループ型製造へ

e.GO 社は、PTC の技術スイートと Microsoft Azure を活用し、設計、製造からエンドユーザーに至るまでビジネスのあらゆる部分にデジタルスレッドを構築しました。e.GO 社の情報技術およびデジタル化部門のバイスプレジデントである Ernest Debets 氏は、PTC のクレイグ・メルローズとの最近の対談の中で「デジタルトランスフォーメーション (DX) への全体的なアプローチが e.GO 社のビジネスモデルの存在感を高め、企業全体の戦略を促進している」と述べています。

Web セミナーで取り上げられた主なポイントをご覧ください。こちらよりご登録いただくと Web セミナーを全てご視聴いただけます。

市場を理解することでビジネスモデルの設計を促進

デジタルスタートアップ企業である e.GO 社は、電気自動車業界で確立された競争に立ち向かうためのビジネスモデルを構築するという、絶交の機会に恵まれました。

e.GO 社はこの課題へのアプローチとして、他の電気自動車メーカーやリーチしたい顧客層について市場調査を実施しました。その結果、高級電気自動車のバッテリーは設置にも交換にも大きなコストがかかるため、高級車メーカーの利益率は低いことがわかりました。大衆車メーカーも状況は同じで、工場の自動化に向けた設備投資などにより利益率が低いことがわかりました。

いずれにしても、手頃な電気自動車を製造するには、財務的な持続性という課題を解決する必要があり、e.GO 社はこの点で差別化を図ろうとしました。83% のドライバーが遠乗りをせず、近場での移動に利用するのみで、走行距離は 1 日あたり 30 マイル未満という結果でした。この調査結果が、e.GO 社のビジネスモデルの基盤となりました。e.GO 社にとって、都市部にすむ人々や日々の移動にスポット的に利用する 2 台目の車を求めている人々にアピールする絶好の機会でした。このようなターゲットを取り込むため、e.GO 社は、民泊として自宅を短期滞在者に貸し出すのと同様に、自動車を収入源として貸し出すことを提案しました。また、自動車を購入したくはないが、たまには車を使用したいという人のために、サブスクリプションサービスも検討中です。

e.GO 社が、効率的にサービスを拡大するために、グローバルフランチャイズモデルを開発し、誰でも展開可能な製造技術のライセンスを、世界中のビジネスオーナーに付与しました。このようなマイクロ工場では、自動化、作業員、インダストリー 4.0 の技術が一体となり、データがすぐに手に入るため効率性が最大限に向上しています。

柔軟なオーナーシップとグローバルフランチャイズのビジネスモデルで市場に参入するには、設計、製造から営業、サービスに至るまで、製品のライフサイクル全体をよく検討し、アプローチの維持に必要な技術を最初から組み込む必要がありました。

人、プロセス、モノをつなぐデジタルスレッドの確立

e.GO 社はビジョンを実現するために PTC とMicrosoft 社と連携し、事業全体にデジタルスレッドを導入しました。Windchill、Creo、ThingWorx、Vuforia などの PTC の製品ラインナップのほか、安全なクラウドストレージとして Microsoft Azure を導入しました。

Windchill を使用して、製品ライフサイクル管理 (PLM) に関する唯一の正しい情報源をリアルタイムで取得することが重要な決断でした。Windchill は、データガバナンスおよびトレーサビリティの総合的な PLM ソリューションであり、設計、運用、サプライヤー、エンドユーザーについて信頼できる正しい情報源を提供します。Debets 氏は製品設計とエンジニアリングについて次のように述べています。「多くのことを速やかに変える必要があります。変更が求められるすべてのファイルに自動的に変更を適用し、誰もが同じデータを入手できるようにするプラットフォームがあれば可能です」

e.GO 社は PTC の CAD(コンピューター支援設計)ソフトウェアである Creo を使用して、流体設計プロセスをフランチャイズパートナーと簡単に共有できるようにしました。自動車の設計では、時間、コスト、品質、可用性を考慮する必要があります。e.GO 社ではコストも時間もかかるカスタムパーツではなく、大手 OEM メーカーの標準的なコンポーネントを使用しており、それが設計と製造に効率性をもたらします。Creo があれば、急ぎの設計調整が必要な場合でも、コストをかけずに対応し、国内の設計チームや各国のフランチャイズに変更を伝えることができます。e.GO 社は CAD(コンピューター支援設計)にサプライヤーを加え、ただのベンダーではなく、パートナーのような関係を築いています。

工場の内部では、デジタルツインシステムによりあらゆるものが簡単に連動します。e.GO 社は産業 IoT プラットフォーム ThingWorx から入手したデータを活用し、使用されるほぼすべての物理オブジェクトをデジタル表示できるようにしました。デジタルツインは車両にも搭載され、車両の寿命が尽きるまで最長 50 年にわたって、物理的な VIN(車両識別番号)により追跡されます。車両モデルに変更が加えられる場合、デジタルツインがアップデートされ、エンジン、ドライブトレイン、安全性コンポーネントなどの変更を反映します。それらのデータは Microsoft Azure にホストされ、IT システムを通じ全社員が簡単に利用できます。このような仕組みにより、営業部門とサービス部門は予防保全などのカスタマイズされたサービスを提供し、顧客の価値を向上できます。

組み立ての際には、デジタルツインはどの構成がラインに来るかを正確に把握し、VIN(車両識別番号)を使用して、作業員が実施すべき次の手順を正確に判断します。「まるで車両が作業員に話しかけているようです」と Debets 氏は述べています。作業の指示は「ナットドライバーを持ち、ボルトを締めます」などのようにシンプルです。システムが自動化され、どの程度のトルクをかければよいか把握できるため、作業がよりシンプルになりました。

低価格の自動車を生産するという e.GO 社のビジョンには拡張現実 (AR) も重要な要素であり、Microsoft Azure に保存されるデータを用いた組み立てや品質テスト時に活用されています。作業員は、PTC の Vuforia Studio で開発された AR アプリをタブレット端末で確認します。アプリは対象車両の仕様を車両構成に基づいて特定し、品質確認に関する基準を提示します。作業員は検査が必要なポイントに誘導され、アプリ上で関連する構成データを取得したり、品質データをシステムに入力したりできます。グローバルフランチャイズモデルが完全に導入されれば、AR は新人や世界各地の作業員のトレーニングにも役立ちます。AR に組み込まれた機能は、画面上の映像を使用して、ユーザーに段階的な手順を案内します。

Debets 氏は、グローバルなデジタルスレッドを早期構築したことで、運用がスムーズになったと説明しています。「非常にシステマチックです。CAD(コンピューター支援設計)が部品を設計し、PLM が構成に落とし込み、その後データが Microsoft Azure に保存され、IoT 環境で使用され VIN を認識します。さらに、AR はデータを使用して、形状、サイズ、品質に問題がないかどうかを判断します。写真が撮られ、デジタルツインのすべてのデータの中でタグ付けされ、モデルとともに永久保存されます」

デジタルファーストの考え方

e.GO 社は、PTC と Microsoft 社のサポートのもとデジタルファーストの考え方を採用することで、将来に向けた継続的な改善のための基盤を構築しました。Debets 氏は、慎重な計画と技術革新へのオープンな姿勢が重要だと言います。「まずは自社のビジネスモデルを考え、次にそれに続く将来のモデルを考えます。ビジネスの運営に必要なプロセスとデータモデルについて慎重に検討すれば迅速に対応できます。事前に話し合い、必要なデータの計画を練っておく必要があります」

Debets 氏は、データはビジネスのあらゆる面を支えると言います。「データはリアルタイムで教えてくれます。その結果、あらゆるものが相互に強化されます。投資は回収できます」

e.GO 社のように、PTC のデジタルソリューションで運用を変革したお客様の事例についてはこちらでご確認ください。また、こちらよりご登録いただくと eGO 社との Web セミナーを全てご視聴いただけます。