Boart Longyear 社のケース スタディ



ビジネス イニシアチブ

Boart Longyear 社は、米国ユタ州ソルトレークシティを拠点とする世界的な鉱物探査企業です。同社は、掘削企業や採鉱企業に採掘サービスと採掘製品を提供しています。PTC クラウドを利用することで、大規模な Windchill インストールの管理をさらに効率的にしたいと考えていました。

ビジネス上の課題

Boart Longyear 社は、2.6 TB の製造用データ ストレージと 2 つの非本番環境に相当する、300 人の Windchill PDMLink ユーザーを管理していた前のクラウド ベンダーに問題を抱えていました。サポート チケットのステータスを把握できない、更新が遅延する、といった課題がありました。

ソリューション

PTC よりも適切に PTC ソフトウェアを管理できるベンダーはないのではないか、と考えた同社は、PTC クラウド サービス チームに相談しました。そして、以下のようなイニシアチブを実践しました。

  • サポート チケットのステータスを途切れることなく伝えることで、サポート ステータスの中断を回避
  • 専任のテクニカル リソース担当者が日々の技術的な質問だけでなくアップグレードにも対処
  • 定期的に満足度調査を実施し、フィードバックと成功の指標を把握

結果

  • サポート チケットのステータスが 100 % 透明になった
  • PTC クラウドの運用開始後数カ月でパフォーマンスの向上が判明したため、レプリケーション サーバーの数を削減できた
  • バージョンの更新がスムーズかつ迅速になった

PTC クラウドでの PLM の展開によるメリットの詳細については、こちらのオンデマンド Web キャストをご覧ください。業界をリードする PLM Cloud ソリューションについて詳しく知ることができます。