機械のリモート モニタリングの 3 つのバリュー ドライバー 8/19/2019

読み込み時間: 2 分

機械のリモート モニタリングにより、企業は、先を見越した意思決定、問題への未然対応、企業全体の可視化のために必要なリアルタイムの情報に容易にアクセスできるようになります。エンド ユーザーの施設内で使用される機器を製造する産業機械メーカーに IoT 対応のリモート モニタリングがもたらすメリットは、サービス面だけでなく、顧客の運用環境にも及びます。

御社では、機械のリモート モニタリングのメリットを、自社と顧客の両方のために最大限に活用できているでしょうか。産業機械メーカーに大きな価値を提供するリモート モニタリングの主な 3 つのメリットは以下のとおりです。

バリュー ドライバー 1: よりスムーズな統合

接続性の組み込みは、今や、将来のデータ提供をより容易にするための基本的な手順となっています。機械に接続性を組み込んでいる産業機械メーカーは、機械がエンド ユーザーの環境に導入されたときにパフォーマンスを確実に把握できるようにしています。これにより、エンド ユーザーの OT システムとの統合がよりスムーズになり、後で機械から価値あるパフォーマンス データを収集する際に問題が生じるのを防ぐことができます。

バリュー ドライバー 2: より多くの価値あるデータの提供

機械のリモート モニタリングにより、データ提供が容易になるだけでなく、顧客向けに追加の付加価値アプリケーションを開発する 機会が生まれます。

産業機械メーカーは、組み込みのソリューションが提供する容易な接続性を活用した追加のソフトウェアやアプリケーションにより、以前は利用できなかったデータを提供するとともに、可視性を高めています。エンド ユーザーは、データに裏付けられた運用やスケジュール管理のプロセスにこの情報を利用して、稼動時間を増大することができます。

バリュー ドライバー 3: 運用に対する視野の拡大と非稼動時間の削減

産業機械メーカーは、エンド ユーザーの環境で稼動している自社の機械の運用に対する視野を拡大できます。複数のシステムにまたがり、ほかのコネクティッド アセットも監視することで、上流および下流の機器の運用状況を最適化するとともに、予測に基づくサービス作業の機会を増やし、その結果として非稼動時間を削減できます。

機械のリモート モニタリングで価値をさらに高める

御社では、データへのリアルタイムのリモート アクセスを最大限に活用できていますか。IoT 対応のリモート モニタリングは、顧客の稼動時間を増大し、産業機械メーカーにとって重要な価値を実現します。

machine-builders-buyers-guide

アナリスト企業の IDC によると、製造分野のサービス業務で優れた実績を挙げている企業の 23 % が事前対応型メンテナンスを取り入れています。御社はどのような状況でしょうか。 PTC のリモート モニタリング ソリューションに関する最新情報をお届けします。アナリスト レポート、Web キャスト、お客様事例などをお送りします。
Tags: 産業用モノのインターネット (IIoT) 産業機器 コネクティッドデバイス
執筆者について クレア・キャバノー (Claire Cavanaugh)

クレアは、PTC のメイン州ポートランドのオフィスを拠点とする IoT グロース マーケティング チームに所属するコンテンツ マーケティング スペシャリストです。Kepware および ThingWorx の IoT 製品およびマーケティング活動をサポートするコンテンツの作成を担当しています。