AR フィールドソリューション Vuforia Instruct

執筆者: 川崎 貴章
  • 7/16/2021
  • 読み込み時間 : 6 min
ar-field-solution-vuforiainstruct-jp-600x280
自宅からオンラインセミナーに参加して各企業の製品やサービスに関する情報を収集する、そういったことが一般的になったことは新しい生活様式がもたらした少ない利点のうちのひとつかと思います。PTC でも毎年 LiveWorx というイベントを開催し、製品や事例に関する情報を発信していましたが、この数年はデジタルのイベントとして開催しています。会場を利用するイベントの場合は、1 回ですべてを含める必要があるのである意味で「ごった煮」の様な内容になってしまいますが、オンラインのイベントの場合は会場の制約がなくなるので、ある程度性質があった内容でイベントをまとめることが可能になります。

2021 年、PTC はオンラインイベントの「Vuforia Live」を開催しました。このイベントは Vuforia に関連する 18 のセッションで構成され、AR ソリューションの紹介、導入顧客による効果の説明、業務環境の変化に伴う AR に対する期待と役割など AR を切り口にした様々なテーマを触れていました。そして、その中のいくつかのセッションでは新しい AR ソリューションの「Vuforia Instruct」に関する発表をしました。


Vuforia Instruct は、Vuforia Expert Capture と共に Vuforia Work Instructions に含まれる製品で、これらふたつの製品は組み合わせて利用することができます。Vuforia Expert Capture は作業の熟練者に Hololens や RealWear といったアイウェアを着用してもらい、作業の手順を作業者目線で記録し、手順化して共有ができます。Vuforia Instruct では、3D CAD を活用して、品質および保守検査のユースケース向けにインタラクティブな作業指示を簡単に作成、配信、拡張することで、デジタルスレッドの価値を現場にまで広げられます。さらに、Vuforia Instruct では、現場で作業を行う際に、特定の手順に関連する結果や情報を作業員が入力できます。たとえば、品質の問題、不整合、改善の機会が発生した場合、主要な関係者と情報を容易に共有できます。(Vuforia Instruct は提供開始の時点では検査工程のユースケースに重点を置いていますが、今後は組み立て工程での利用にも対応していきます)

多くの製造業者にとって、自動化されていない検査工程は依然として手作業であり、紙ベースのチェックリストまたは検査手順を利用しています。これは一般的なことで、製造業者の 67% が紙の手順資料を使用しているという業界調査の結果が報告されています。しかし、紙ベースの作業は指示を正しく理解することが難しく、ミスが発生する余地があり、更には検査後に別途結果をデータ入力する手間が伴います。組み立てまたは保守手順の検査ミスによって後工程での廃棄とやり直し、ラインの停止が発生すると結果的に非常に高いコストが発生します。自動車メーカーでは、1 分間の機器停止で毎分 220 万円、または毎時 1 億 3000 万円のコストがかかると推定されています。最高で毎分 500 万円という見積もりもあります。

ar-field-solution-vuforiainstruct-jp-001-900x450

Vuforia Instruct の提供する AR ガイド付き検査手順より、技術者とそのチームは迅速に、簡単で正確な方法で検査実施者に確認する内容を伝えることができます。この作業指示書には、どこに行くべきか、何をするべきか、どのようにするべきか、正しく完了しているかが記載されていますので、これにより検査実施者は精度と生産性を向上させることができ、その結果、コスト削減と生産の遅延の減少に貢献します。

  • 確認項目の指す部位と実物の紐づけ
    • 検査実施者は、指示されている部位と現実におけるその位置を正確に把握することができます
  • 正しい状態との比較
    • 正しい状態の画像や映像を手順に加えて表示することで、検査実施者はあるべき状態(間違っている状態)をすぐに判断できます
  • 正確なフィードバック
    • 検査実施者の作業内容は全てデジタルフィードバックとして記録されるため、製造現場で不具合を特定した場合に迅速な対応と、是正措置の実行が可能になります
  • 作業の正確な記録
    • 検査結果をデジタルデータで収集することで情報の標準化を図り、検査の実施に伴い収集する必要のある情報に対する説明責任を果たすことができます

ar-field-solution-vuforiainstruct-jp-001-900x450

現在、労働者人口は減少しつつありますので、できるだけ人手による手間は抑えて高い品質を維持することが望まれています。生産の増加に伴ってラインや工場の増設となった場合でも、移動制限やソーシャルディスタンスにより集合研修の開催が難しいことがあります。このような状況下でも Vuforia Instruct が研修の講師や作業の OJT 担当者の代理で作業実施者のそばについて、正確で高品質な作業の実施と記録をするための支援をします。

Vuforia Instruct の価値を体験したい、詳しい説明を聞きたいといったご要望をお持ちいただけましたら、ぜひ下記へご連絡下さい。
https://www.ptc.com/ja/contact-us
Tags:
  • Augmented Reality
  • CAD
  • Developer
  • Vuforia Developer
  • Vuforia
  • Developer
  • Expert Capture
  • Instruct
  • Aerospace and Defense
  • Automotive
  • Electronics and High-Tech
  • Industrial Equipment
  • Life Sciences
  • Additive Manufacturing
  • COVID-19
  • Digital Thread
  • Digital Transformation
  • Industry 4
  • SaaS
  • Report
  • AR Drive Revenue Opportunities
  • AR Reduce Cost and Waste
  • AR Workforce Efficiency

執筆者について

川崎 貴章

製品技術事業部 プラットフォーム技術本部 製品戦略部
シニア テクニカルスペシャリスト

2011 年 PTC に入社。製品設計の 3D モデルのビジュアライゼーション、IoT 製品の技術サポートを経て、AR 製品のプリセールス・プロモーションを担当。 過去にパソコンやスマートフォンがそうであったように、今後は AR とその関連技術で仕事や生活をより楽しく豊かにできると強く信じて、製品をご紹介させていただいています。